FC2ブログ

商店街サクセスマネージャー

 タウンマネージャー、商店街活性化アドバイザー 活性化伝道師? などなど、起死回生を目指す商店街の救いの手はいろいろさしのべられています。

 最近知ったのが今日のタイトル「商店街サクセスマネージャー」という制度。
勧進元は商店街振興組合連合会のようですが、Webではあまり具体的な情報は見かけられません。

○成功商店街普及支援事業
  活性化の取組みが成功したサクセスマネージャーを各商店街へ派遣し活性化を図る。
という趣旨の制度のようです。

知らないうちにマネージャーに就任していた、という人がブログで紹介されています。

 当社の記事を引用しつつ、活性化の取り組みって成功しているのか、と疑問を投じておられる。

 引用されている記事は、ごらんのとおり、2001年の記事です。
2001年の記事が未だに通用する、というのは、何と言いますか、困ったことでありまして、コンサルタントは状況を指摘したり、予告したりすることが仕事ではなくて、問題解決の取り組みを支援することが役目ですから、ウーム、情けない限りです。

ああ、おまえは何をしてきたのだと 吹きくる風が僕にいう
とかいう心境に親近しそうな今日この頃です。

ご紹介したブログ主 sanomax さんは、長年,商店街活性化に活躍されている方です。

コメントの投稿

非公開コメント

ご紹介いただき……

ありがとうございます。

御社の記事に出会い、なるほど!と当時感じたものです。
このような疑問を既存の商店街組織では改革できそうにないと思い、NPOではありますが別組織を立ち上げた経緯があります。

当時の記事が未だに多くの商店街で通用するのは事実だと思いますが、そこから脱却すべくコトを起こしている所も徐々に出始め、二極化の過程にあるような気がします。

今後ともよろしくお願いいたします。

誰が主導するか

sanomaxさん、ようこそお出でいただきました。
こちらこそこれを機会によろしくお願いいたします。

二極分化の徴候があるというご指摘は嬉しい限りですが、新しい動きが主流となって中心商店街のショッピングゾーンとしての活性化を牽引していくことが出来るでしょうか?

冗談から駒、回遊性の創出などと称して行政が中心市街地に引っ張り込むRSCを商店街活性化に活用する方法を本気で考えるべきかも、などと考えさせられています。
他の手法は主体の力量にそぐわないかも知れない・・・。

九州各地では期せずして ゆめタウン vs 中心商店街 という興味深い問題が続発しています。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ