FC2ブログ

基本計画 見直しの要諦

※【要諦(ようてい)】:そこを外すと対象の本質が掴めない、肝心カナメのところ。

(承 前)

 基本計画、どこを見直すべきか。
「中心市街地における商業の活性化」施策における「5つの欠落」を確認し、抜本的に施策を再構築する。
もちろん、見直しの目的は「商業の活性化」領域の取り組みを実効あらしめる、ところにあります。
次の三点を「セット」で掲げることが「見直し」の目的です。

その一 中心市街地活性化=①都市機能の増進と②経済活力の向上を同時に達成する戦略的な課題として ★都心型商業機能の再構築★ を掲げる。

その二 都心型商業は、ラグジュアリィニーズへの対応を主眼とするこれまでにない性格の商業集積を構築する。
中小小売商業の競争力の根幹といわれる「業種・品種揃え」=商業集積の構築を目指すことで、セルフ販売形態の郊外型商業、特に広域型ショッピングセンターとの「棲み分け」を実現する。

その三 商業集積の再構築は、既存商業者の自助努力特に「業容の転換」及び空店舗・空地への適格業容の商業者の誘致を二本の柱として推進する。
特に初発段階においては既存商業者の自助努力の組織的な推進が重要であり、特段の措置を講じることが必要である。

 ちなみに、現下の商業事情を踏まえて法及び基本方針をきちんと読めば、この「三点セット」がスキームから導かれること、スキームの本旨に即していることが容易に分かるはずです。

 既成の基本計画、何とか解釈すれば三点セットに合致しないこともないという場合は、計画の見なおしではなく、実行(行動)計画を作ることで対応できる可能性があります。
ただし、三点セットの内容と連関が理解されていないと、実効性を担保する「推進体制」の整備が難しいかも知れません。

 続きは、サイト「中心市街地活性化への道」 【都市経営コーナー】で。
 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ