FC2ブログ

商店街の「身動き」と基本計画の任務

 1月31日のエントリーで取り上げた、呉服町のパーキングビルについて、木下さんのブログで論じられています。
 おっしゃっていることは、まさにそのとおりだと思います。コメントさせてもらいました。
『商店街経営に結びつく負債とその連帯保証責任 』

 こういうことは、本来なら『基本計画』で対応あすべきことではないでしょうか。
「過去の投資が負担になって身動きがとれない」という状況において「活性化計画」を立てるわけですから、当然「身動きがとれる」ような対策を講じなければならない。
もちろん、平成徳政令・借金はチャラにしようということではありません。

「活性化=繁盛実現への道」を示し、その方向で「財政再建策」を講じる。
これは基本計画の重要な機能の一つだと思います。
それにしても基本計画は個別具体の商店街の問題状況について、知ってか知らずか、触れなさすぎ、というか、事情を踏まえた計画とはとうてい思えないものが少なくありません。

基本計画は、「商業の活性化」のうち、商店街について、
①こうすれば商店街は活性化、個店は繁盛する、
②組織の新しい収益機会はこう作る、
③したがって、投資は回収できるし、
④過去的債務も返済可能になる。
という「活性化への道」が計画されていなければ、何のための計画なのか分かりません。

 ということで、木下さんも心配していますが、各地の「新・基本計画」記載の各種投資案件、「回収可能性」はきっちり確認されているでしょうね。
「通行量が増えれば投資は回収できる」などということはありませんから、要注意。

 ご承知のとおり、都市内外から中心市街地を見つめる眼はとても厳しくなっています。今後ゆるむことは無いでしょう。
「既存計画記載のハード事業に補助金が使いたいから、新スキームに合せて基本計画を作り直す」といったノリでの取り組みが通用する時代ではない、ということが理解されていないのは、ごくごく一部の人たちだけ、といったら怒られるでしょうか。

 基本計画、「身動きが取れない」状態に陥っている肝心の商店街の皆さんからそっぽ向かれたりすると、いよいよ、何のための時間とお金だったのか、ということになります。
皆さんに「夢と希望」がわき上がる計画になっているだろうか、もちろん、徹底した自助努力は当然ですが、ということです。


コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ