FC2ブログ

商店街に頼らない商店街活性化?

 笛ふけど踊らない商店街(執行部ですね)に業を煮やした関係者のなかには、「商店街には頼らない活性化」を目指す人がいたりします。
商店街に頼らないということは、
①商店街=買い物目的の来街者を増やすのではなく
②別の目的を持つ来街者を増やすことで街に賑わいを作り
③その結果として商店街を活性化する
というシナリオです。

 現場以外のところでならいざ知らず、商店間近でこういう路線が打ち出されるについては、この間ずっと「笛吹けど踊らず」の悲哀というか屈辱というか、その蓄積があるわけです。
もう商店街には頼らない、ということで国の施策をあれこれピックアップして「商店街の動向とは無関係に実現する活性化」を達成しようとさまざまの仕掛けが考案されます。

 イベント、空店舗を利用したコミュニティ施設その他の整備、マップ作り、商店街コンシェルジェ、非物販集客施設の設置、からくり時計などなどetc,.・・・
一時的には話題になりますが、人の噂も何とやら、話題にも上らなくなると効果のほども薄れてきます。

 繰り返しているうちにほとほとイヤになってしまった、という時期に始まったのが基本計画の見なおしですから、なおさら商店街には頼りたくないし、頼れないし、商業の活性化抜きで街を活性化してやる、という意気込みになったりするかも知れません。
でも結果はまたしても失敗することが確実、悪循環です。

 これをどう打開するのか?
何とか商業者の自助努力との連動を作ることが出来ないか?
一つの方法としては、これまでの組織や事業のパターンにとらわれない、「有志参加」という方式が考えられます。
繁盛店づくりを実践する事業を企画、商店街全体に広く公募して、希望者のみを対象に事業を展開する、という方式です。
中心市街地・商業の活性化には、個店の業容転換が不可欠ですが、既存の組織が動かない以上、新しい取り組みとして採用を検討しなければならないかも、です。

 いろいろと波風が起こる可能性も考えられますが、波風が立つのと中心市街地・商店街活性化の推進と二者択一だとすれば、どちらを選択すべきか、ということになります。
「仲良きことは美しきかな」ではありますが、仲良くしたあげく、街が消滅したのでは話になりません。そもそも相手はもはや街の命運など何とも思っていなかったりするわけですし。

 ということで、荒療治が必要なところもあるかも知れません。

 昨日は、石川県の方から勉強会を開催したい、というメールをいただきました。ブログ記事をコピーして理事会に諮ったところ、満場一致で勉強することに決まったとのことです。
こういう話がきますと、当サイトこれまでの取り組みが未だに届いていない、ということに気づかされます。サイトの主張を知れば採用されるのに、サイトの存在及びその主張にアクセスできないために、あたら、せっかくの機会を無為に送っている・・・。
他にも多そうです。そういう立場にある人には何とかつないでいただきたいものです。
他方、イヤと言うほど分かっていながら行動を起こせない人もいるわけですが。

 勉強会開催の動議、勉強の内容、活性化への取り組みの方向と方法についてある程度説明が出来ないと、「これまでどおりの講習会なら出ない方がまし」という評価を覆して、「取り組みたい」という機運を起こすことが出来ません。
「笛吹けど踊らず」、自分の事業の繁盛につながる勉強なのに、どうしてみんな参加しなかったのか、あらためて振り返ってみることも必要ではないかと思われます。
傍観者的には、これまでの講習会ってそんなに気合いが入っている事業では無かったような気もします。

 そういえば、当サイト、アクセスを分析しますと、商工団体からのものが極端に少ない、というのが一大特徴になっています。
勤務時間のネットは禁止されているのでしょうか? まさかと思いますが。

 「中心市街地活性化」で検索すると、当サイトは第3位にヒットするはず、上位2つは国の機関、4位以下の多くは市町村の取り組みですから、中心市街地活性化・方向と方法に関心があれば、当サイトを外すことはないはずですが・・・。

 ということで、当サイトの所在についてのアピールもまだまだ不足しているようで、「方向と方法」の普及には一肌脱いでくださる皆さんが必要のようです。
あらためて、あなたの周囲の関係者で「この人は」と思う人にはぜひ当サイト又はブログquolaid.comの存在を教えていただきますようお願いいたします。
当サイトご愛顧の皆さん、記事をコピーして供覧することからあなたのまちの活性化への取り組み、「方向と方法」が変わるかも知れません。
トライしてください。

話はかわりますが、先週お邪魔したTMOさんでの話。
最近の商店街活性化の取り組みについてのあれこれから、

“ショッピングセンターが国内に無かった時代だったら結構効果があった事業ばかりですよね”
“そうですね、商店街全盛時代なら間違いなく有効だったと思いますよ”
ということで、もちろん、SC全盛という今となっては成果を期待するのが困難な事業が多いわけです。
それでもやる、方針も方向も変えない、というまちも相変わらず多いようです。
見直し後の基本計画などではどうなっているでしょうか。

TMOさんは、勉強会の開催について、最近の事例を紹介したところ、ぜひ取り組みたいとのことでした。
このことろ、今年は従来とは違う、という感じがしています。
皆さんは如何ですか。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ