FC2ブログ

タウンマネージャーの指導育成

 わが国的タウンマネージャーは、もちろん古今東西はじめて登場した職能ですから、客観的に蓄積されたノウハウはありません。
※タウンマネージャー:中心市街地の商業集積を一個のショッピングモールに見立てて再構築する取り組みをマネジメントする職能

 さまざまな経緯を経て確保されるタウンマネージャーですが、この人を一人前に育てる、という仕事があります。

 中心市街地既存の商業集積をショッピングモールに転換させる、当然、そこに立地する店舗群をショッピングモールを構成する「テナント」にふさわしく転換させる、という仕事が待ちかまえています。個々の経営者以下の関係者に対して、転換の必要性・現実性を理解してもらい、それが個別企業の「勝ち残りの道」であることを確信してもらい、「自助努力の組織化」に参加してもらわなければならない。

 商業者に限らず、中心市街地に立地する事業者をはじめ、中心市街地活性化に関わるすべての組織に対して同様の理解と協力を確保し、推進体制を構築しなければならない。

 ということで、タウンマネージャーさんにとってタウンマネジメントは、個々のこれまでの職歴経験を問わず、未踏の領域であることは言うまでもありません。
他国のタウンマネジメントやショッピングセンターのマネジメントとはまったく異なる業務ですから、マネージャーさん、試行錯誤的に取り組んで行かなければならない部分がたくさんあります。
タウンマネージャーには、仕事をしながら所要の能力を身につけていく、ということが求められるわけです。

 問題情況を把握し、求められている能力を秤量し、修得する機会をみずから作っていかなければならない。他方、基本計画その他の要請による実務はどんどん押し寄せてくる・・・。
難しい仕事です。

 招聘したタウンマネージャーは、その時点では「候補」でありまして、OJTで育成してはじめて一人前になるのだ、ということですが、問題は、OJTをどう組み立て、実施するのか、ということ。
わざわざ招聘されるわけですから、マネージャーさんの力量は都市内部で他に秀でたものでしょうから、この人を計画的に育成しなければならない。
タウンマネジメントを任されて結果を出してくれる人になってもらわなければならない。

 誰がどのような方法でマネージャー(候補)さんを育成するのか、という難しい問題があるわけで、マネージャーさんが意識的に自分で能力をどんどん高めてくれることが一番望ましいわけですが・・・。
放っておくとそのうち仕事がつまらなくなったり、回りからのプレッシャーにつぶされることにもなりかねません。
タウンマネージャーさんには陰に陽に相当のプレッシャーがありますからね。

 タウンマネージャーの指導育成、ちゃんと手だてを講じていますか? というお話しでした。
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ