FC2ブログ

商店街組織の革新

 革新とは、「これまでの延長上ではない何ものかを実現すること」です。分野を問わず、従来のパターンから目的意識的に抜け出すこと、といってもいいと思います。

 地域商業者の組織は、商店街の施設の整備や販売促進に取り組むことを目的に作られています。もともと“中小小売業者の競争力の根幹”といわれる「業種揃え・店揃え(以下「テナントミックス」という)については、組織活動の範疇にはありませんでした。
また、「個店の経営技術」についても支援の必要は自覚されていませんでした。商店街組織の設立当時、そういうニーズは無かったからです。

 商店街を取り巻く環境が大きく変化したこんにち、商店街組織のあり方はどうなっているでしょうか?
多くの組織が“このままでは続かない”と自覚しながら、新しい方向を打ち出すことが出来ません。
 設立当初の趣旨を越えることが出来ないわけですが、その原因の一つは、新しい活動の方向が確立出来ない、というところにあります。

 中心市街地・商店街活性化の計画では、「商店街組織の革新」は大きな課題だと思われます。
商店街内部の・商業者自身が取り組むべき問題、と割り切ることも出来るかも知れませんが、内部から自然に機運が盛り上がってくるのを待っていればよいのか、盛り上がってこなかった場合は、それを放置したまま商業の活性化が実現できるのか?

 年末、これまでの取り組みの欠落として
①環境変化のトータルな理解
②中小商業の業容革新の方向と方法の理解と実践
をあげていましたが、もう一つ、
③商店街組織の革新
を加えたいと思います。

 組織の革新は、革新を必要とする事業に取り組むなかで進められることが望ましい。
今年は、このことを念頭においた事業取り組みがいくつかの商店街で試行されます。
『基本計画』作成中の皆さんは、「商業の活性化」の部分にぜひとも「商店街組織の革新」のための施策を講じることを検討してください。
商店街が基本計画に即した成果を挙げるためには組織の革新は不可欠です。「通行量の増大がすべてを解決する」という立場でない限り。

 ということで、佐賀県ではあちらこちらで上記のような趣旨を含みつつ、中心市街地・商店街単位での「繁盛店づくり」の取り組みがスタートしようとしています。

時々レポートしますね。
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ