FC2ブログ

喫緊の空店舗対策は、これ以上空店舗を出さないこと

 中心市街地活性化への取り組みの一環として、「空店舗対策事業」があります。
既報のとおり、新しい事業メニューが発表されています。
有名ブログでも取り上げられています。
『シャッターどおりは再生不可』
コメントも付いています。

 新施策は、地元でまちづくり会社を設立、ここが空店舗の管理を受託、新規出店者を募って空店舗を斡旋する、という仕組みです。
 空店舗対策としては、これまでもチャレンジショップとか家賃や内装費用を補助する事業が取り組まれてきましたが、まあ、ことごとく失敗してきたわけです。
今回はどうでしょうか。

「商店街空洞化の元凶は、空店舗を貸そうとしない地権者だ」という珍説がありまして、まさかこの説を真に受けたわけではないと思いたいところですが、スタートするらしい。

 空店舗対策でもっとも有効なのは、「これ以上空店舗を増やさない」ことです。空店舗を増やさないためには、放っておけば空店舗になる可能性の高い既存個店を「繁昌店」に変えていかなければならない。繁盛店が増えてくれば、黙っていても空店舗で商売を始めたい人が集まってくる。
集まってこないようなら自分たちで二店目、三店目を出していけばよい。現状から繁盛店への転換が出来るなら、新規出店はお茶の子ですからね。

 問題は、長年営んできた本業を再生・繁昌させる手だてが分からないこと。これは大問題、「おらっちの街の商店主たちは・・・」ということで済まされることではありません。
何しろ全国・全業種ダメなんですから。

 ホンキで商店街を活性化したかったら、まずは今も商売を続けている個店群を何とか繁昌させることです。
もちろんその方向と方法は、商店街からは出て来ないでしょう。
「だから商店街はダメ」と早とちりしないこと。全国共通ですからね。
あなたが「ダメな」商業者に「活性化への道」を指し示しますか?
出来ませんよね。
「ダメだ」と言えるのは「活性化の道」を示し、相手が乗ってこなかった後のことですね。

 ということで、緊急を要すること、将来の成功のカギとなるのは既存個店の「繁昌」再生であることはだれの眼にも明らかだと思うのですが、『基本計画』の有無に関わらず、個店の自助努力の方向の提示はまったく行われていません。
先述のとおり、これをあなたのまちの商業者に「自分で考えて」というのは基本的に無理な話でありまして、「全国の商業者が挫折していることを自分の街の商業者に期待するわけ?」ということで、期待するのは結構ですが、根拠が無いとダメですね。
税金やら公的時間やらを突っ込むわけですから。

 というように考えますと。
商店街活性化って肝心要の「売場の改革・改善」にはそっぽを向いたまま、やれ、住む人・来る人を増やすだとか、回遊性を作り出すだとか、空店舗を何とかするだとか、肝心のこと以外のことばかり「手厚い」施策が講じられているのはどういうことなんでしょうね。

 勉強無くして繁昌無し。
勉強せずに活性化を実現できる、という人はその「方向と方法」をしっかり提示していただきたい。
モロモロの施策を講じるのはそれから先のことですよね、普通に考えれば。

「空店舗」をいじれば活性化が進展すると信じている人は、その旨、上記ブログへコメントしてくださいw
ブログランキング  

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ