FC2ブログ

チャレンジショプという誤解

 事業の内容は、商店街立地への開業希望者を対象に、オープンに先立って予行演習の機会を与える、ということですね。目的は、中心市街地の空店舗を利用した出店を促進して商店街の活性化に貢献してもらうこと。
 このために、
1.商店街の大型空店舗を小間割りし、
2.希望者に貸与、運営させる。
というのがチャレンジショップ事業ですね。

 この事業には関係者に誤解があるようです。
小間割り出店と空店舗を利用した正規の出店では通常は店舗面積が想到異なり、品揃えが異なり、結局違った売場づくりになってしまうことが多いと思います。したがって、チャレンジショップは本番通りの売場づくり&運営の予行演習にはならないことが多いと思います。そのつもりで例えば、チャレンジショップで上手くいった品ぞろえを実際の売場にあわせてそのまま拡張、店面が3倍になるから来店客数も3倍、などと算盤をはじくととんでもないことになりますね。
面積が広くなった分、どのような商品群で構成するか、という大問題がありますから、チャレンジショップ=予行演習とはいきません。
 ではチャレンジショップは本格開業には全く役に立たないかと言えばそんなことはありません。立派に役に立つし、役に立つような使い方を工夫することが必要です。
 現状、チャレンジショップ事業はほとんどのTMOで行き詰まっているようですが、ちょっと視点を変えることで本来の目的である空き店舗を利用した開業-成功に役立てることが出来ます。

 ところで。
チャレンジショップの開店-営業指導はいったい誰の仕事でしょうか?
 私は商工会議所の経営指導員さんの仕事ではないかと思いますね。経験豊富な中堅指導員ならチャレンジショップの指導は朝飯前、といいたいところですが、実際はそうもいかない、意外と難しい面が有るのがチャレンジショップのようです。
 商店街商売のこれまでの成功体験がむしろマイナスでしかないとも言える今日、指導経験についてもあらためて再検討が必要かも、ということもありますね。
 チャレンジショップの指導を通じて自らのスキルをブラシアップするというのは、経営指導員さんあるいはTMO御用達のコンサルタントさんにとってまたとない機会だと思います。
(ところでTMOは御用達のコンサルタント(ホームドクター)を確保しているのでしょうか。地元の診断士三などの適任者を育成していく、ということも大事な仕事のように思われます。)

 私はこれまでチャレンジショップについては無益な事業と思っており、確か弊社のサイトにもそういう趣旨で何度か記事を書いたかと思いますが、これはどうも早とちり、空き店舗を利用した本格的な開業までのワンステップとしての活用という本来の趣旨で活かす方法を考えたいと思います。 
 とはいっても、チャレンジショップ-空き店舗への出店-商売繁盛というコースがおいそれと実現するわけではありません。
基本的なアプローチとしては、
①商店街立地での新規開業希望者が
②開業に先立って準備しておいた方がよいこと
をリストアップして、
③そのうち、チャレンジショップなどで準備できること
を考え、
④それらを達成できる仕組みを「チャレンジショップ制」の中で組み立てる。
ということが必要でしょう。

 とりあえず少し書いてみますと・・・、
 第一に、小売業の原点である「顧客の
問題解決に貢献する」売場づくりのあり方について試行錯誤を行うこと。
 もちろん、これができるようになるためには、それなりの理論武装が必要です。

 第二に、接客技術の獲得
これについては省略します。

 第三に、参加期間中にできるだけたくさんの得意客を作る、ということ。何の準備もなく商店街の空き店舗を借りて出店するのと、チャレンジショップで得意客を作ってから独立するのとでは、大きな差があることは言うまでもありません。
 もう一つ、いずれは仲間になるわけですから商店街のみなさんとも交流を深めておきたいものです。これは迎える商店街の方にもそれなりの意欲付けが必要になります。
 チャレンジショップに「店売場づくりの試行錯誤の機会」というコンセプトを加えると、事業の内容も出店者の意識も大きく変わると思います。
 もちろん、もっとも重要なことは、チャレンジショップの売場づくりとリアルの出店の時の売場づくりの「差」と言うことです。
 なんと言っても売り場面積が違いますからね。
 売り場面積が2倍3倍になるとこれはもう違う商売だと考えた方が失敗がありません。
チャレンジショップと実際の出店の売場面積の違い=売場づくりの違いをどうマッチングさせていくのか、ここが大変難しいので、当社は「チャレンジショップは推奨できない」としてきたわけです。
 チャレンジショップを推進するなら、【売れる売場づくり】mp知識と技術は必須です。
商店街の事業としての取組に参加してもらうと良いですね。

チャレンジショップ事業に成功する方法、必要なら企画段階から相談してください。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ