FC2ブログ

背水の陣とか正念場とか

 新・基本計画については、“これが中心市街地活性化のラストチャンス”と位置づけている都市が多いようです。
メインとなっている事業の成否については、「背水の陣」であるとか、「正念場」であるとか悲壮な修飾が行われていますが、内容や本音は果たしてどうでしょうか。

 「正念場」とされる事業は、物販・非物販の集客施設の設置や、街区一部の店舗付きマンションへの建て替えだったりするわけですが、さて、それで何がどうなるというのか?
こういう事業は、旧スキーム下においてあちこちで取り組まれており、それらの」結果を含めて「見直し」が求められている、というのが新スキーム発足の理由でしょう。
大型商業施設を誘致して「回遊性を創出」する、単位商店街ごとのポイントカードを統一する、アーケードの改廃、ファサード整備なども同様でありまして、取り組んだ事例はいくらでもありますが、その結果、活性化への趨勢が定着した、というところは無いわけです。

 事業メニューを模倣すること自体は結構なことですが、その際は、事業の竣工=成功事例と見るのではなく、竣工した結果、街の何がどう変わったか、というところを主眼にチェックしなければダメでしょう。

 独立自営商業者にとって「背水の陣」とは、シャッターの外側の事業に依存するのではなく、自店の将来にわたる繁昌を再構築するために何を為すべきか、ということを考え抜き、その結果に基づいて「これしか無い」という方向を見いだし、商売のありかたを変えていくことではないでしょうか。
※背水の陣とは:強調文
 ところで、シャッターの外側の取組で街の活性化を実現しようと目論んでおいでのみなさんは、シャッターの外側の何がどう変わったらシャッターの内側が繁昌するようになるか、ということをちゃんと考えてみたうえで、モロモロの事業メニューを決めているんですよね?

 シャッターの外側の取組にシャッターの内側の自動的な連動が成立するかどうか、考えてみたことがありますか?
「想像力」ってこういうときに使わないと、“宝の持ち腐れ”です。

 想像力を活用してみましょう・・・強調文 

活用するぞ!っと。
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ