FC2ブログ

反・コンパク党宣言

 一匹の妖怪が中心市街地を徘徊している・・・コンパクトン(笑 という名の妖怪が。

 自分のアタマで考えるという責任を放棄したものたちがこの妖怪を己の望みを叶えてくれる最後の切り札とあがめ奉っている。
信奉者のうち、あるものは中心商店街活性化の切り札といい、またあるものは、少子高齢化時代の都市経営戦略といい、さらにあるものは、みんなが肩寄せあって生きていくってすばらしいじゃん、という。

 怪獣コンパクトン、その正体はいかにと凝視すれば、体躯は実体を成さず曖昧模糊、地に着く足もなく宙を漂う様は、まっこと、妖怪の名にふさわしく、信奉者たちにとっては彼らが抱く阿吽的願望のままに伸縮自在、いかにも見果てぬ夢を夢見続けるに格好のゆりかご・コンパクトシティと映っている。
 もちろん、これら信奉者の多くは、かねて活性化もショッピングモールも理解せぬまま、中心市街地活性化を玩弄したものたちに他ならない。

 この事実から二つのことが明らかになる。
第一に、コンパクトンが妖怪以外の何ものでもないことは、自分のアタマで考える習慣を持つ人たちにとっては自明である。この妖怪とこれに同伴する取り組みの最終的な挫折はすでに予定=決定されており、そこから逃れるすべはない。
第二に、したがって、心ある中心市街地関係者が立ち上がり、実効ある「中心市街地活性化への道」を切り開く努力と併せて、断固、この妖怪に反対し、その跋扈を押しとどめ、「ショッピングモールとしての再構築」へと舵を切らない限り、中心市街地に再び繁盛する街並みが現れることはない。

 中心市街地・商店街活性化関係者は、コンパクトンについての理解を共有し、関係各方面にその真の姿を暴露し、最終的な打倒に立ち上がらなければならない。
その時がまさに到来している。
暗雲たれ込める中心市街地、その空中を浮遊するコンパクトン、その跳梁を放置すればやがては商店街を消滅させる宿命にある妖怪コンパクトン、この奇ツ怪至極の代物を一刻も早く退治することは、中心市街地活性化に邁進せんとするあらゆる人々に課せられた使命である。

コメントの投稿

非公開コメント

貴殿が反コンパクトシティ論者であることは理解しましたが、それならば、
・郊外への市街地の拡大をこれからも継続しつつ、自治体の財政が破綻しないような向こう50年ぐらいの行政経営のビジネスモデル(人口減少に伴う税収減、既存インフラの修繕コスト増、特に高度経済成長期に整備したインフラの耐用年数経過に伴う大規模修繕が今後必要となります)
・ウォルマートショック後の荒廃した中心市街地とクルマに頼らなければならない郊外商業施設だけの都市でクルマに乗れない高齢者はどのように生活するべきなのか
について明言できなければ、反コンパク党を名乗る資格はありません。

反コンパク党

あなたはコンパク党員さんですか(笑

冗談はともかく。
よく読んでいただけば、私がコンパクトシティという都市経営の基本路線に反対するものではなく、コンパク党的立論に反対していのだということが理解されると思います。
中心市街地活性化についても対案をもっていますからね・・。
コンパク党のコンパクトシティ論なるものがここで論じているとおり、根も葉もない思いつきであることは、特に説明する必要は無いと思いますが、興味がおありでしたら『中心市街地活性化への道』へどうぞ。
歓迎します。

コンパクトシティなど夢想

私もこれを読んで以来、反コンパク党。↓
かかる時間。つかえる予算。使える手段。・・到達できない。
http://fish.miracle.ne.jp/mail4dl/01-concept/consept7.htm

可能です

個人の自由に任せればいいのです。
高齢者は病院の近くがいいなら中心部に転居すればいい。郊外は若者が住む。個人が選べばいいんですよ。

郊外居住を制限するようなやり方はソ連式社会主義以外の何者でもありません。

SGBW001さん。
レスが遅れて申し訳ありません。
コンパクトシティにはいろいろと難しい問題が内蔵されています。特に、中活法のような中心市街地・商業街区・商業機能の活性化をメイン任務とするスキームで取りもうというのははなから間違っていると思います。

ご紹介のサイト、興味深く拝見しました。
さっそくクオールエイド・デイリィフラッシュで取りあげました。

これからもよろしくお願いします。

じゅん さん。
こんにちは。
都市の中心市街地という広範かついろんな意味で複雑な地域を一個の計画で更新するというのは、果たして期待どおりの成果が得られるか、思いがけないことが起きて予期しなかった結果が引き起こされる可能性が常にあります。おっしゃるように、個人の選択として無理なく進めていくのが良いのでしょう。
とにかく、「計画」は小振りな方がよいyほうです。

これからもよろしくお願いします。

わが町を身の丈に  - NHK クローズアップ現代 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3418_1.html
責任ある最前線の現場の人間ほど、コンパクトシティ化をしなければすべてが潰れると申しておりますよね。
反コンパクトシティ派の記事ですが、コメント欄では理路整然としたつっこみを受けて、本人は何も言えない状況です。
http://blogos.com/article/87921/forum/
http://blogos.com/article/54934/forum/

コンパクトシティへの期待

 ご紹介の記事、拝見しました。
コンパクトシティの不幸は、紹介者が我が国中小都市が直面する構造的課題への解答・
選択肢であることを理論的に明らかにしなかった(できなかった?)ことにあります。
使う人が自分勝手な解釈で自在に使ってしまい、結果、賛否ともに問題解決への提案
としては不十分な内容になっていることが多いようです。
「地方創生」であらためて脚光を浴びるのでしょうが、問題状況をきちんと把握した
上で.その解答としての「漸進的なアクセス」による実現を目指すという方向が定着
するといいなと思っています。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ