FC2ブログ

タウンマネジメントという仕事

このところ毎日アップしているこれまでの活性化の取組に欠けていた「商店街活性化の三大欠陥」
①活性化とは街がどうなることか定義していない
②状況分析、計画的取組を導く商業理論を持たない
③個店売場の陳腐化に無関心
一個でも気づけば芋づる方式で三つとも見えるのだが・・・。
近年登場したシンクタンク系もこの重大欠陥には気づいていません。
大店法当時よく見られた「活性化計画」のパラダイムがほこりを払って登場しています。
『商店街活動におけるPDCAサイクル活用事業」について』
(株)三菱総合研究所受託事業
商店街活性化は、街の弱み、強みなどとは関係の無い話。
活性化したければ環境与件に適応しなければならない。
与件とは
第一に競争環境
第二に消費購買行動
このふたつを商店街側が自分の都合で変化させることは出来ない。
活性化したければ適応する以外に無いですね。
対応するには、
1.圏内で相対優位に立てる集積としてのポジションを発見、定義する
2.敵を知り己を知る商業集積論
3.自生集積からポジションへ移行する売場転換技術
が必須。
一個も持っていない既存の活性化、まちづくり、エリアイノベーション論説にもとづく活性化が成功しないのは当然でしょう。
さらに実務に近づくと:
①移行を目指す商業集積としてコンセプトの決定
②状況分析、商業集積をデッサンする商業集積論
③自生売場をテナントミックス構成売場に転換する売れる売場への移行の論理と技術
の三点セットが不可欠。
これを揃えてはじめて「活性化専攻コンサルタント」ですね。
専攻コンサルタント以外で三点セットを装備する必要がある職能は無いでしょうね。商店街活性化という都市経営上の課題に対応するために必要となった特別の職能。
コンサルタント各位、奮起の秋。あ、タウンマネージャーさんも。
これで職能として「為すべきこと」がハッキリしたはず。
実務は、部外コンサルタントと協働するタウンマネージャーの仕事。
中活法・基本方針・TMOマニュアルに規定されているタウンマネージャーの仕事はこれですね。
恣意的に設定したタウンマネージャーは任務を果たせない。「まちの経営」って何のことですか。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ