FC2ブログ

(承前)百貨店の革新と商店街の活性化

退出のニュース相次ぐ地方都市の百貨店、空洞化から立ち直れない中心街地に孤立状態、フルセット第七艦隊vs戦艦大和単艦という構図ですから勝負にならない。

本来、中心市街地活性化は都市旧中心部、商店街等多数の商業集積が立地する商業街区の活性化の枠組、街区を一個のショッピングモールに見立てて再構築する(これが「タウンマネジメント」)ですから、中心市街地を活性化する『中心市街地活性化基本計画』には当然「立地する百貨店の活性化」の計画が含まれていなければならなかった。百貨店を核とし、商店街立地の専門店群をサブテナントとする『ショッピングもモール見立て』が中活法の骨格。

出来上がっている基本計画はことごとく、
1.百貨店の活性化には沈黙
2.個店売場の改革には沈黙
ですから、郊外型商業集積全盛という時代に於いて、陳腐化―空洞化する商業街区の再生―持続可能性の再構築という課題の解決には効果が得られないのは当然と云えば当然ですね。
活性化に取り組んでいる間もその進捗状況とはほとんど無関係に百貨店、ファッションビル、GMSなどの退出が引きも切らない。

ポストコロナの売れる売場づくり、商店街活性化の一体的推進は、(立地しているなら)百貨店の業容革新という課題と相即的に取り組むことが重要です。というか、これを実現しないと商店街も百貨店も孤立したまま・・・。
本来の『中活法』のスキームによる中心市街地活性化の真髄は、"中心市街地所在の商店街等複数の商業集積を一個のショッピングモールに見立てて再構築する」ことだったのですから。
『中活法』の趣旨を理解しないまま取り組んでしまった、というボタンの掛け違いの結果は凄まじいことになっていますが、ポストコロナという局面で取組を転換できなければ、もう取り返しはつかないでしょうね。

あらためて「百貨店を核店舗に据え直す商店街活性化」という取組があっても良さそうですが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ