FC2ブログ

商店街の最終危機とリーダーの覚悟

多くの商店街は組織活動として個店の収益向上を目的とする〈売れる売場づくり〉的な事業に取り組んだ経験がありませんね。それは専ら個店が自力で取り組むべきこととされている。
“みんな商売のプロだから出来るはず” というのだが・・。
その結果、何が起こっているか?

1.長年の課題である「通行量の増大」を実現するために取り組む「来街者増大=集客事業」は集めたお客が個店のお客に固定しないと恒常的な通行量=回遊客増大を実現出来ないが、個店の「顧客創出装置:売場」は陳腐化したまま対策が講じられていないため、来街者を得意客に転化出来ない。

2.消費増税、コロナ災害のように、個店の収益が確実に激落することが予測される環境の変化に対して適切な対策を講じることが出来ない。消費増税、コロナ来襲以後に収益を確保するための対策を講じた商店街はほとんど皆無と云ってよい状況だった。取り組もうにも必要なノウハウ、知見、技術が無かった

3.商店街は、現状から脱却していく唯一の方向と方法である「売れる売場づくり」などによる個店収益の改善を通じた「持続可能性の再構築」の取組が可能であることを理解していない。まったく経験したことが無いので。これは大ピンチ。

今現在直面している〈ポストコロナ〉に対応して〈売れる売場〉をつくり、点から線、線から面へ拡大して商業集積としての再構築を目指す、という商店街唯一の持続可能な方向が見えず、〈ポストコロナ〉に立ちすくんでいる。
危うし商店街、危うし都市内経済循環の再構築。

この時期にリーダーの位置を占める巡り合わせとなった人は、“決意の時”を迎えていることになりますね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ