FC2ブログ

まちづくり三法と商業理論

 アクセル&ブレーキの正式発足で、中心市街地活性化を推進する取組の枠組みが完成しました。
毎度のことながら、「商業理論」を装備していないと、「三法」を駆使して「活性化への道」を切開していく『基本計画』を作ることは出来ません。もちろん、活性化進展の目安となる「数値目標」の設定も不可能です。

 商店街が空洞化著しく、かつ、これまで多様な取組が試みられてきたにも関わらず、活性化の徴候がみえないと言うことは、端的に言って、都市及び周辺に住んでいる人たちは、“中心市街地の商業機能が現状のままでも生活に不自由を感じていない”ということですね。違いますか?
まずこのことを認めないと効果的な活性化策は打てないのですが。

 中心市街地の商業があてにされていない、ということは“他の買い物行き先で間に合っている”ということです。
こういう状況に陥っている中心市街地・商店街を活性化するには、「こういう買い物の場があったほうが、生活がいっそう楽しく充実しますよね」という「買い物の場」として再構築することが必要です。
このことが理解されないと、居住人口も通行量も活用できません。

 都市にこれまでなかった新しいショッピング機能を中心市街地に既存商業者の自助努力で作り出す、これ以外に活性化を実現する方法はありません。
そこで問題が明確になります。
今現在、都市及びその周辺に展開している各種商業機能で「満足できない」みたされていないニーズとは何か?
それを発見して、そのニーズに対応する店づくり・商店街づくりをしていかなければならない。
これが「活性化実現の方向と方法を決定する」ということです。

 新しい商業機能を作り出す、いうのは簡単ですが実際に取り組んでいくためには、現在、都市及びその周辺に展開している商業施設が、分担している商業機能を明確に理解しなければならない。
不足している機能を発見しようというのですから当たり前ですね。
 
 もちろん、そのためには既存の全業種・業態について「それぞれどういう商業機能を分担しているか」ということを理解しておかなければいけない。
即ち、理解を可能にする「商業理論」を持っていなければならないということです。

 特に、―このところ強調しているところですが―、ショッピングセンターについて、その性格を十分理解することは、最優先で取り組まなければならない課題です。
最近、駆け足で回った都市の中心商店街、どこも「ショッピングセンター時代」への対応がまったく見受けられません。
「活性化事業」に取り組むにあたっては、「SC全盛時代、この事業に取り組めばお客が商店街に戻ってくるか」ということを基準に判断することが必要です。

 ポイントカード、一店逸品、景観整備等々、どれをとっても“ショッピングセンターに行っているお客の足を商店街に向けさせる”ことはできません。
もちろん、中身の計画は不問のまま取り組まれる「高度化事業」も、「アクセル&ブレーキ」も同様です。

 まちづくり三法、活用するためには適切な「商業理論」を装備していることが前提になります。
商業理論を欠いていたのでは「三法」を理解し・活用することはできません。
「認定」を得ている基本計画の見よう見まねで作っても、賑わいや回遊などを実現することは出来ません。
皆さんの基本計画、「ショッピングセンター全盛時代」という環境与件において“それでもこうすれば中心市街地は活性化できるのだ”と自信を持って関係各方面、とりわけ独立自営小売業者の皆さんに“この計画に事業の命運を賭けてみよう”といえるかどうか・・・。

 といった視点で『基本計画』を読み直して見ることも必要ですよね。

 年末・年始、これまでとはうって変わった「取り組み体制」づくりに邁進しておいでの都市が、当社が知る限りでも幾つありまして、『新三法』を活用した新しい取組みの準備が着々と進んでいるようです。
皆さんのところは如何ですか。「勉強抜き」では絶対に実現できないのが中心市街地・商店街活性化、勉強の必要性についてはもはや一々説明するまでもないと思いますが、一体いつから始めるんですか?
ということですけどね。

 理論無き活性化、「どうして活性化できるとか言えるわけ?」と聞かれたらどう答えるつもりですか?

 ということで、今年も理論装備をサボったまま年を越そうとしている皆さん、一日も早く装備すべき商業理論とは、
①ショッピングセンターを理解し、
②ショッピングセンター全盛時代にも関わらず
③こうすれば商店街は活性化可能である
④何故ならば・・・
ということが理路整然と説明できるレベルの「商業理論」、ご承知のとおり、いつでも・どこででも手に入る、というものではありません。

 皆さんの都合のいいときに、とはいかないのが周辺環境の変化です。
何が何でも年度内にスタートする、というくらいの気構えが無いと、今年も無為のうちにおわり、次年度も・・・となることは目に見えていますが。

押し迫ってから大変ですが、やってるところはやってます。
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ