FC2ブログ

[活性化] の再定義


商店街活性化とは商店街の何がどうなることか、きちんと定義しているのは全国唯一、我々だけですね。“活性化は陳腐化した” と称して「まちづくり」と言い換えた人達もいますが、陳腐化したのは定義せずに取り組んでいた「活性化」のこと、定義無しの「まちづくり」と名称を変えても取り組んでいることはほとんど変わらず、後から参加した人は「まち」で取り組むことなら何でも「つくり」と了解して大繁盛、定義無しの「まちづくり」が定義無しの「活性化」を駆逐する勢い。
タウンマネジメントも活性化からまちづくりに乗り換え、商業集積としての業種揃え・店揃えの最適化を実現するはずのテナントミックスは「空店舗の有効活用」に変質、オフィスやインバウンド目当ての宿泊施設に。
現行「活性化(まちづくりも)」の破産は、明々白々でありまして、「消費増税」に何の対策も講じ得なかった。長期低迷、衰退趨勢に陥っている商業集積としての商店街(及びそこに立地する商店街)にとってどのような影響が起こるか、きちんと予測して対策を講じた例はほとんど無いですね。
「活性化」を定義しないセンスで消費増税対策は考えられない。
売り上げのこれまでに無い規模での下落が起こりましたが、何の手立ても講じることが出来ない。
という状況の最中に突発したコロナウイルス災禍。
体力が衰えたところへの襲来で、何にどう取り組んだらよいか分からない。おろおろしているところに「営業自粛」のお触れが回って街は文字通り火が消えた状態・・・。
自粛解除と言われても何にどう手を付けたらよいか分からない。
という状況から再スタートの商店街活性化(まちづくり)。
まさか今までどおりの取組でお茶を濁すところは一個も無いと思いたいところですが、実態はどうでしょうか。
状況は極めて厳しく、取組の抜本的な変更が必要ですが、だからといって定義無き活性化の取組に新しい方向と方法が見えるはずも無く、「商店街活性化とは、活性化事業と名づけた販促事業に取り組むこと」という空気の支配はまったく変わらないような気がします。
しかし。
所属する各個店の経営状況は厳しく、経営原資である「売買差益」を必要なレベルに回復することは難しい。
持続化給付も営業収支構造をした支えすることは出来ません。
今現在、売買差益の確保=増収増益は全小売業共通の課題ですが、とりわけスタッフ機能も外部からの支援も不足している中小地場小売業にとって事態は未曾有の深刻な状況であることは言うまでもありません。
活性化を主体的に担うことが期待されている商店街組織は、活性化という名の販売促進事業から決別、個店の増収増益と街の商業集積としての充実を一体的に推進するという、組織の使命を確立、あるべき取組を再構築しなければならない。
きれいごととでも何でも無い、これが出来ないと商店街は用途を変更した旧店舗が通りを占める「仕舞た屋どおり」に変貌すること間違いなし。
状況を理解した人が行動を起こすべき時。
まずは「活性化」の再定義と「売れる売場づくり」の方向と方法の確保から。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ