FC2ブログ

ポストコロナへの視点

小売業界はコロナショックで悲惨な状態が広がっています。
問題は小売業界だけではありません。コロナの襲来を機に社会のあらゆる領域で解決の困難な問題がいっそう緊迫した様相で浮かび上がっています。
コロナは一日も早い収束が望まれますが、コロナが収束すれば現在社会が直面している問題は解決するかといえばそんなことはありません。
コロナショックは、コロナウイルス騒動がいつ収束するかとは関係なく、これから一層シビアになることは間違いありません。
コロナ襲来で問題として浮かび上がっていることのほとんどは、コロナパンデミック以前から起きていたことです。
襲来以前から社会が直面しており、かつ、解きあぐねていた様々な問題がコロナ襲来によりいっそう先鋭化して、鮮明に突きつけられているわけです。
繰り返しますが、これらの問題はコロナの収束で解決、消滅に向かうことはなく、むしろ一層厳しい趨勢を増していくと主wされます。
小売業の業績悪化は、外出自粛などによる「街離れ」で例を見ないレベルに陥っていますが、実は「買い控え・店離れ」は昨年10月の消費増税以降顕著になっていました。ご承知の通り。
コロナが収束してもこの趨勢は改善されません。
それどころか、企業収益の悪化、雇用の悪化、所得の低下などで「買い控え・店離れ」はさらに進むことが懸念されます。
何をなすべきか?
経済の基調に「もの余り・店あまり」がある以上、これから「淘汰の高波」が加速することは間違いありません。
如何に対応すべきか?
既存のお客さんを頼りに「ショッピングの場」として引き続き愛顧したもらえる売場を作り、維持していく以外に方法はありません。「売れる売場づくり」です。
消費増税対策で取り組まれた商店街、有志個店はコロナ襲来後も客数×客単価の向上が維持されています。
コロナショックで起きていることは、以前から続いていた趨勢に拍車がかかったこと、対応するためには「売れる売場」を実現する以外にありません。
業績即時回復、そのままポストコロナのショッピングの場、ゾーンとして持続するためには、売れる売場づくりに取り組む以外に方法はありません。
それとも何かいい手がありますか?

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ