FC2ブログ

商店街はなぜ活性化できないのか?

『商店街活性化アドボケイトプラン』からの引用です。

平成10年、『中心市街地活性化法』が施行され、そのスキームのもとで中心市街地・商業街区の活性化が本格的にスタートしました。しかし冒頭で述べたように、活性化に成功した、という報告は例外的な事例を除いてあまり聞かれません。
 どうして活性化出来ないのか? 次のような原因が考えられます。

(1)『中活法』のスキーム(*)とは:
  ①目 的:存続に懸念が生じている商店街、商業施設等に適切な施策を講じて商業集積として持続可能性を再構築する
 ②方 向:商業街区全体を一個のショッピングモールに見立てて再構築する
  ③方 法:タウンマネジメント手法による業種揃え・店揃えの最適化を目指す
   ※『中心市街地活性化法』『基本方針』、『TMOマニュアル』

(2)実際の取組
 総じてスキームの全体像を理解しないまま、可視的課題への対応主体の落ちr組となっています。
 ①商店街活性化とは商店街どうなることか定義されておらず、実現を目指す「あるべ    き姿」が具体的に掲げられていない。
  ②商業集積間競争において持続可能な商業集積としてのポジションの再構築という目的が共有されていない。
  ③「郊外型商業集積との棲み分け」という課題が十分理解されていないため、取り組みが通行量減少や空き店舗増大など「可視的問題」への「可視的対応」が中心とな    っており、「商業集積としての再構築」という中核的事業への取組が不足している。
 ④商業集積の基本機能である「業種揃え・店揃えの最適化」を構築する基礎となる個店売場の充実のための組織的な取組がほとんど行われていない。
 ☆「売れる売り場」が不足していては、店前通行量を増やしてもそれを個店への入店客―得意客―商店街の回遊客に転化することは難しい。

(3)ギャップはなぜ起きたか?
スキームを利用して活性化に取り組むために必要な条件が揃っていない
①地場商業を活性化するために必要な理論・技術が普及していない
②商店街活性化の【スキーム】を活用するマネジメントスキルの整備が不十分である
③中活法の画期的なスキーム(集積性の再構築)が活かされず、従来単位商店街ごとに取り組んで来た対症療法的事業を街区レベルに拡大しただけに止まっている

(4)総 括
  ①以上のような事情の結果、各種事業への取組が可視的問題に対応する一過性の事業に終わり、成果が挙がらないまま、類似僅差事業に取り組む、ということが繰り返されており、成果やノウハウ ・ 教訓の蓄積が実現されていない
 ②多様な事業を展開しているにも関わらず、衰退趨勢を挽回できない状況に陥っているのは、問題状況とその認識、対応能力との間に大きなギャップが生じているからである。
  ③特に、「商店街活性化」という課題の定義が共有されておらず、共通しているのは 「活性化事業と銘打った事業に取り組む」ということだけ、という状況は一日も早 く改善しなければならない。
  ☆あらためて商店街活性化の推進に必要な基本的知識の共有からスタートすることが必要である。
   各地の取組において「商店街活性化」が定義されていないということは、そこで用いられている「専門用語」の定義も共有されておらず、体系的な取組を構築出来ない原因になっていると考えられます。プロジェクトはこの課題を解決します。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ