FC2ブログ

商店街活性化、「見えざる手」の呪縛

(承前)
中小小売商業の競争力の根幹は「業種ぞろえ・店ぞろえの最適化」とは中活法―基本方針が提唱するところ。
競争力=顧客吸引力と考えれば、商店街活性化=商業集積としての持続可能性の再構築の取組はまさしく「業種ぞろえ・店ぞろえの最適化」の成否を中心命題として取り組まれなければならない。

「最適化」は、既存店舗群の「売れる売場への転換」、空地空店舗を活用する売場そろえの補完補強として推進される。空地空店舗への参入が立地としての優劣を考慮して行われ以上、既存個店群による「最適化」の取組が先行し、一定の成果を挙げていることが空地空店舗の活用の条件として望ましい。

既存個店群の「売れる売場」への転換は、全体としての商店街活性化の成否を左右する、他に比肩するもののない重要な事業であることは明らかである。中小個店売場の売れる売場への転換は商店街活性化の全体をけん引する事業だということだが、現在この事業はどのように取り組まれているか。
·
消費購買行動の当該商店街への来街目的となる個店売場群の活性化=業績維持―好転を目指す「売れる売場」への転換は「個店の仕事」とされている。というか、活性化事業に「個店売場の改善」が取り組むべき問題として取り上げられたことはほとんどない。
·
個店売場の実状が商店街活性化の推進にとって改善の取組が必要だという認識はほとんど表明されてことはない。
売場の実状はカッコに入れて、通行量や空き店舗など可視化している問題に対処すれば「見えざる手」の働きにより、個店群の業績は好転する、と考えられているかのようである。
·
個店群は「活性化事業―見えざる手」の作用の「受容者」というポジションにあり、そうであるならば、集客イベントをはじめ各種の「活性化事業」へのボランティアとしての参加は、ほかでもない「自分自身のための仕事」ということになる。
·
そのような認識の共有のもと取り組まれてきた活性化事業だったが、「見えざる手」の機能がほとんど得られないことから、事業に対する疑問、不満が生まれ肥大化し今や組織としての一体性が失われているケースが少なくない。
中心市街地活性化基本計画の担い手として組織された商店街振興組合も解散する事例が出ている。中には「成功事例」と喧伝される事業が取り組まれた商店街で組合が解散している、というところもあるという。

結局、見えざる手の存在を前提にした活性化の取組は、所期の成果を得ることなく、慣行的に継続され各個店のオーナーはボランティアとしての参加を求められている。
この実態に不満な組合員はボランティア参加を拒否し、商店街組織の内部は厳しい状況に陥っているところが多い。外部には見えないところ。

商店街は、消費増税の厳しい影響下において、従来の「見えざる手」路線を継続するのか、新しい道を目指すのか、選択が必要になっている。
問題はだれがこの状況を理解し、行動を起こすシナリオを作ることができるか。

「見えざる手」が登場したのは、今は昔、大型店が出店した時、その影響を測るために出店前後に商店街の要所で通行量を測定したことから。当然、測定場所で軒並み通行量が減少していた。影響明白。そこで講じられた対策が通行量増大策。イベントで集客したが通行量としての定着はできなかった。

実際に減っていたのは個店のお客、その結果として通行量が減っていた。対策は個店売場で講じなければならなかったが、当時の商店街の経験知としては通行量が多ければ売り上げが上がる、というものだった。実はその通行量は商店街、個店の買い物客、買い物行先が大型店に変われば通行量が減るのは当然。

通行量を増やすことで買い物客を呼び戻す、というのはできない相談。しかしそれ以来、通行量増大が商店街活性化のデフォとなって現在に至る。藻谷さんの「住む人来る人説」は商店街のデフォに乗っかっただけ。
何も論証してませんからね。
このあたりのことは、学経さんの仕事でしょうけど。

学経さんといえば、藻谷さんや新さん、木下さんなど支援専門家の言説を批判するということは一切ないですね。みんな好き勝手に思い付きを垂れ流し、今でいうところの「多様性」の尊重かしら。
学経さんにガンガン議論してもらわないと「見えざる手」からの脱却ができません。

チェーンストア業界では昔から学経さん、コンサルタントさん入り乱れて論戦が繰り広げられており、関係者は大いに啓発されたとのことですが、商店街界隈は寂として超え無し。おかげで勉強したてもつてが無い。
商店街活性化、論争よ起これ!

ものの見方考え方を鍛えるに論争のフォローはおすめ。
学経さんは公開で論争するという役割があるとカント先生がおっしゃってたような。
昔は販売革新、日経流通などで日常茶飯でした。
ツイッター、他学部の先生たちは見かけるが、商学部は見かけませんね。商店街活性化と向かい合っていただきたい。
商店街活性化、「見えざる手」の呪縛からの解放は学識験者も大いに活躍すべき課題。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ