FC2ブログ

通行量から売れる売場づくりへ、コペルニクス的転換を

商店街立地の各個店が直面している問題と商店街活性化の取組にギャップがあることは周知のところ。
参加各個店は自店の業績改善が喫緊の課題、他方、商店街活性化は、通行量の増加、空き店舗解消など個店の実情に対して非常に迂回した「解決策」になっている。

迂回したとしても個店の業績改善に役立てばいいのだが、現実にはあまり効果が得られていない。集客イベントを開催しても翌日から通行量が増えるわけはないし、増えたとしてもそれが各個店の来店客の増加→業績改善に直結するとは言えない。衰退趨勢から脱却する、という喫緊の課題への取組としては迂遠すぎる。

空店舗の解消が商店街全体の活性化に貢献するには、空店舗の出店が成功し、そこへの来店者が街区内を回遊し既存個店の入店―買い上が発生するという、シナリオが実現しなければならないが、それは期待してよかったのだろうか? 新規出店への来店客が業績低迷に苦しむ既存個店に衝動入店(来街目的外入店)することが期待できたのか?
空き店舗を埋める、ということが自己目的化してしまっていたのではないか?

現下、消費増税によるいっそうの業績悪化に苦悩する個店に、従来の活性化事業、通行量の増大や空き店舗の解消を目的とする事業に取り組めというのはあまりにもミスマッチ、さすがに増税対応の名目で取り組まれることは無いだろうが、上記のとおり、商店街活性化のための事業が個店の業績改善につながらないということは、これらの事業の成果として業績が好転する個店が増加、回遊性も向上し、商店街全体が商業集積として活性化するというシナリオが成り立たないことになるのではないか。

各個店が活性化事業に参加するメリットはどこにあるのだろうか?
個店の業績好転と直結しない活性化事業が商店街を活性化できるとなぜ言えるのか?
もはや、これまで取り組んできたからこれからも取り組む、というような慣習的な取り組みが許される状況ではない。
気づいた者がまなじりを決して立ち上がらなければならないとき。

通りの通行量増大から個店顧客の増加へ、という「天動説」から脱却、売れる売場づくりによる個店愛顧客の増加から商店街音回遊客増加「地動説」への大展開が必要なとき。
「地動説」の取り組み方は我々が確立、熟知しているのでおまかせあれ。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

売れる売場づくり本舗

  • Author:売れる売場づくり本舗
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ