FC2ブログ

通行量増大のウソ

通行量増大のウソ

商店街活性化と言えば〈通行量の増大〉と決まっているがその根拠はどこにあるのか? 〈通行量が増える→買い物客がふぇる〉という因果関係から通行量増大策が講じられているわけではない。商店街が後発のショッピングセンター(SC)出店の影響で買い物客が減少→通行量が減ったのを出店の影響=通行量の減少=買い物客の減少と短絡理解、通行量を増やせば買い物客が増えると錯覚した。
事実は買い物客の減少→通行量の減少だったのだが。

買い物客の減少は、新に進出したSCの影響。SCの売り場を体験したお客で従来の行き
つけの店を陳腐と評価してSCに買物行先を変更するお客が続出した。通行量の減少はその結果。

通行量を増やしても陳腐と見なされた売場が改善されることは空く、買い物客が戻ってくることは無い。イベント集客は一過性に終わり、商店街が活性化に向かうことは無い。大店法当時から今日まで繰り返されていること。
この間、学識経験者などからこの取り組みが批判されたことは無い。

それどころが多くの学識、指導専門家が〈通行量の増大:こそが焦点がいっ活性化の決め手であるかのような言説を振りまいた。その典型が藻谷浩介氏。〈住む人来る人が増えれば街は活性化する〉というトンデモなご託宣を真に受けた関係者は行政方面も含め少なくなかった。

今日取り組まれている商店街活性化は、すべてこの取り組の亜流、店前通行量を増やせば、通行者がにゅ運脚、買い物客。得意客に転化し、街が活性化する、というもの。しかし、肝心の陳腐化した売場は手つかずのまま、店前通行者の入店―得意客への転化はまったくといっていいほど実現しない。
·
集客イベント、空店舗活用、コミュニティ施設の整備、三種の神器、観光・インバウンド対応等々すべて個店売場の不具合をカバーすることは出来ず、商店街の顧客の増大は実現せず、商店街は活性化出来ない←いまここ。
·
令和2年の取組は、真正活性化の実現を目指し、活性化の基本・基盤である〈売れる売場〉の創出、既存売場群の「お客の来街目的」となり得る買物行先としての魅力を十分備えた売場への転換に注力しなければならない。売れる売場づくりこそ諸々の活性化事業を成果蓄積に結びつける唯一の基盤事業である。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

売れる売場づくり本舗

  • Author:売れる売場づくり本舗
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ