FC2ブログ

基本計画、SC対策が無ければ欠陥商品

 中心市街地活性化基本計画のことです。
中心市街地=都市中心部の商業街区(以下「都心商業街区」)における都市機能の増進と経済活力の向上は、中心市街地活性化法第一条で示されている「中心市街地活性化の定義」です。
日頃念頭に置いている人がどれくらいあるのか、はなはだ疑問とせざるを得ない今日このごろですが。

 さて、中心市街地の活性化即ち都心商業街区の都市機能の充実及び経済活力の向上を目指す、と決めたとたん、まず最初に考えなければならないことは、「商業機能の増進による経済活力の向上(以下、商業の活性化」)」ということです。都心商業街区の商業の実体を見れば、その理由は明白です。

 商業の活性化に取り組む、活性化実現の方向を構想し、方法を案出し、実施事業をまとめて『基本計画』を作成する。
推進体制を構築し、期間を定めて数値目標の達成を積み重ねて目的を達成する。
「法」のスキームによる取組が全国の都市でスタートし、あるいは準備されているところですが、重大な問題があります。
言うまでもなく、郊外に展開しているショッピングセンターとの機能分担をどう考えるか?ということがほとんど考えられていない、ということです。

 今日、都心の商業街区を活性化する、しなければならない、という問題意識を持ったとたん、まず最初に決めなければならないことは、「郊外型SCとの関係をどう構想するか」ということです。
もちろん、(これは「活性化の方向と方法」に直接関係します。)
都心商業の活性化とは、都市及びその周辺に居住している人々に、ショッピングセンター群を横目に見つつ、都心へショッピング目的の来街を訴求する=わざわざ出かけてくるだけの価値のある「買い物の場を作り・提供するということです。

 かっては中心商店街が担ったいたこの機能の多くを郊外型SCに代替されてしまったことが中心市街地空洞化の大きな要因であることは、サイト常連のあなたには先刻承知のところ、あらためて指摘するまでもありません。
活性化の取組にSC対策が不可欠である由縁です。

 ところが『基本計画』でマジメにSCへの対応を基本方針に掲げている都市は、現在までのところ、恐るべし、文字通り《ゼロ》であります。
由々しいことであり、このことが何を意味するのか、ということは【都市経営】上の極めて重要な問題です。

 という話は当該掲示板で続けるとして。

 都心商業の活性化を実現するためには、SCとの機能分担、SC対策を講じなければならない。もちろんそのためには「SCを理解」しなければならない。ごくごく当たり前のことですが、基本計画ではこの作業も行われていません。
こんなことで「この計画を推進すれば都心の商業は活性化する」とどうして言えるのでしょうか?

 SCへの対応策を講じなくとも都心商業の活性化が実現可能だとする基本計画の姿勢は、
①都心商業街区の空洞化の真因を理解しているのか?
②都市機能としてのSCの役割を理解しているのか?
ということに疑問を抱かせます。
都心の人口減や非商業機能の撤退が商業空洞化の原因だというのは妄論でありまして、人口分布や都市機能の分布がどう変化しようとも、適切な買い物行き先が都心以外に存在しなければ、買い物行動は都心に向かわざるを得ない、したがって商業街区の空洞化はあり得ない、というのは理の当然、にも関わらず都心の商業機能が空洞化しているのは、とりもなおさず、その機能の多くを郊外型商業とりわけショッピングセンターに代替されてしまったからです。

 このことを直視するならば、「中心市街地活性化基本計画」の作成にあたっては、その「基本方針」において郊外型SCのポジションを明らかにしたうえで、これとの関係(棲み分けか競争か)を決定しなければならない。
いずれの道を選択しても、「SCに向かっている消費購買力を引っ剥がす」ということは、当然実現しなければならない。

 活性化の実現の課題は簡明でありまして、“郊外型SC全盛時代にSCを横目に、都心にわざわざ買い物に来てもらう”という状況を作り出せばよいわけです。
当然、基本計画には基本方針~事業計画の全体にわたって、SCへの対応策が行き渡っていなければならない。
この簡明な課題に対応するためには何が必要か、ということにフォーカスしないと活性化施策にならないわけです。

 まあ、当サイトでは今さらあらためて主張するまでもないことですが、このところ、各地のSC進出というトピックを扱うことが多いわけで、あらためて「SCを論じていない基本計画は都心商業街区の活性化計画としての役割を十全に果たすことが出来ない」欠陥商品である、ということを痛感させられました。

 目下作成中の都市、作成を検討中の都市は、「SCとの関係をどう考えるか」方針を定めることの重要性を確認し、作業に着手しなければならない。
「SCを理解せずに活性化を語るなかれ」

 SCの本質を解明し、SCとの「棲み分け」による中心市街地活性化の取組を提唱しているのは、コンサルタント多しといえども当サイトを主宰する㈲クオールエイドだけ、ホンキで取り組むなら当社との連携は最有力選択肢のはずですが、如何ですか。
そんなことは考えたこともないですか、そうですか。

 連携はともかく、SC対策が欠落している基本計画は欠陥商品である、ということが理解されれば、作成作業は「SCを理解し・対応の方向と方法を構想する」という段階からやり直すことになりますが。

やり直しを目指しますか? それとも
既存路線を突っ走りますか?
重大な岐路に立っているのだ、ということをあらためて確認されたことと思います。

“なんてこったい”と思ったら・・・・
ブログランキング 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ