FC2ブログ

店の繁盛・街の賑わい

高度化事業の事業計画では、事業本来の計画とともに、事業と並行して取り組む各個店の経営改善計画の提出が必須になっています。
いつも申し上げているとおり。

 商店街活性化を目的に取り組まれる高度化事業ですから、活性化を実現するには、街の機能を向上させると同時に、あるいはむしろそれに先行して「個店の魅力」を実現することが不可欠です。

 商店街の魅力は、回遊出来ること。
回遊するに値する魅力的な個店が軒を連ねていることです。
商店街活性化には、「魅力ある個店」をたくさん作り出すことが不可欠です。

 これまでの高度化事業の取組の成果が個店に波及しない、あるいは一過性に終わるという傾向があったのは、.ひとえに、魅力ある個店の創出という同時に実現しなければならなかった課題への取組を個店に任されていたから。

個店には“今どきの商店街立地で繁盛する” という課題に取り組み成功するために必要なノウハウがありません。
ご承知のとおり。

これからの商店街活性化は、個店の繁盛実現と街の賑わい創出を車の両輪に位置づけ、両輪が一緒に動く、片方が動けばもう一方も確実に前進する「両輪同時駆動」というコンセプトを持って取り組むことが不可欠です。

□高度化事業の現状が物語ること

 いつも申し上げているとおり、高度化事業は、事業の一環として個店の経営革新を計画・実施するスキームになっています。
ほとんどの人が知らない、事業に取り組んだ人もすっかり忘れてしまっていることですが。

国が定めているスキームでさえ、〈片肺飛行〉に変えてしまうのが商店街の現場力、これでは商店街が自分たちの裁量で取り組む賑わい創出=集客イベントや、空店舗活用なども個店への波及や相互作用などは一切考慮しないまま、当の事業が円満無事に終わることだけを目標に〉取り組まれているのでは無いか、と危惧されます。

2つ理由が考えられまして、
ひとつは、個店内部の取組には口出しできない
もう一つは、口出ししようにも何を助言したら良いのか分からない
おそらく二つの理由が微妙に合体して個店の経営には容喙しない、という日本列島の空気が出来上がっているのでしょう。

でも、こんな空気、文字どおり空気みたいなもので、キラリなどその気になればあっという間に雲散霧消します。
繁盛店づくり、他店のチェック、問題点の指摘と改善案の提案ゴッコは当たり前です。

個店の繁盛と街の賑わいは車の両輪、同時に回らないと同じところで堂々巡りで終わります。

今年は、是非「繁盛と賑わい」というメダルの両面を同時につかむ事業に取り組みましょう。
メダルの片側を撫でるだけではダメ、自分のものにするには、両面ともがっちり掴むことが肝要です。

□高度化事業の教訓

国が作って補助金で誘導する高度化事業が所期の中小小売商業の機能の高度化を実現できず、共同施設の取得や共同経済事業の取組などにとどまってしまっているのか?
理由を解明して対策を講じないと、これからも同じ轍を踏むことになります。

第一に考えられる理由は、見よう見まねの取組だったこと。
高度化事業:無利子でアーケードやカラー舗装ができる、という「先進事例」を真似て我が町でも、という動機なら個店の経営改善と条項は工事への合意形成にとって邪魔物でしかない。

成功事例にといあわせると「作文で済むよ」そうか、そうなのか!

□事業終了の結末

高度化事業の計画書で必須となっている「個店の経営改善」は、作文で済む、というのは実際に支援に当たった専門家が異口同音にいわれることです。
当社のセミナーに参加される診断士さん達もそういえばそうだった、と。

3つ理由がありまして。
第一に、個店の取組を条件に入れると合意形成に時間が掛かる。場合によっては合意できない可能性も。

第二に、全体事業の計画作成に集中しないと間に合わない。

そして第三に。
誰も個店の経営を革新するための実践的な計画を作れない、ということがありました。
これが一番大きな理由です。

高度化事業と並行して、各個店ごとに経営革新に取り組む。
あるべき取り組みですが、あるべき、と、出来る、は違います。

商店街立地の個店の経営革新=繁盛店への転換を実現するノウハウなどどこにも無いなかでの高度化事業ですから。

繁盛再生のノウハウが無い。

これは高度化事業実施の有無に関わらず、全国の商店街に共通する大問題、商店街が取り組むすべての活性化事業が、個店の転換=シャッターの内側=お客のファイナル・デスティネーションの整備という課題には手を出せないシャッターの外側限定の取り組みになっています。

これでは活性化ができないのは,当然です。

事業は、その事業が終わった後に成果が現れなければならない。
活性化事業が終わったら、街が【活性化】に向けて確かな前進が出来る条件が作られていなければならない。

しかし、個店内部の改革を置き去りした事業では事業終了後に成果を残すことが出来ません。

□商店街に共通する課題


全国で一握り、今も繁盛していると自認している商店街を除く、全ての商店街に共通する課題は、組織が取り組む【賑わい創出】を目的に取り組む各種の事業の成果が、個店の繁盛実現として実を結ばないことです。

 特に、中心市街地活性化の問組みでは、中心商店街の活性化に集中的に施策が講じられましたが、結果として明らかになったのは、「商店街は個店・シャッターの内側」の改革に取り組まない限り、施策の成果を街に蓄積し、恒常的な賑わいを創出するという目的を達成することは出来ない、
ということです。

 「街の賑わい創出」と「個店の繁盛実現」を車の両輪に見立てて、同時平行で推進しないと商店街活性化は実現できない。
このことに疑問の余地はありません。

 問題は、今なお、この「本当の課題」が関係各方面に共有されていないこと。
本当に解決しなければならない問題の前に問題への取組を阻む「人間の壁」があるようでは出来ることも出来なくなるのは当然です。

 「街の賑わい創出」と「個店の繁盛実現」の取組を「車の両輪」として同時平行で進めることが不可欠、同じ考えの皆さんが連携して取組を強化していくことが必要な時期、当社も微力ながらその一端を担い続けます。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ