FC2ブログ

商店街活性化は〈パラダイム・シフト〉の時

商店街活性化は〈パラダイム・シフト〉の時

パラダイムとは、物の見方、考え方のこと。
商店街活性化のパラダイムシフトとは、商店街活性化の見方・考え方を変えること。

1.これまでの商店街活性化は:
(1)「活性化」とは街がどうなることか、誰も定義していなかった
  定義されていない「活性化」を実現する方向と方法を考えることは出来ないので、  活性化がスタートした「大店法」当時の見方・考え方を無自覚のまま踏襲している。
  現在も「活性化の定義」は行われていない。

(2)既存の取組、三大事業系の挫折
①通行量の増大
②空店舗解消
③コミュニティ機能の整備
いずれも種々のバリエーションで取り組まれてきたが、成功事例は報告されていない。(事業は成功しても「活性化」への成果の蓄積は得られない)
  取り組まれているのは、大店法当時以来の「症状改善・弥縫」的事業がほとんどで、  期待されている効果も全盛時代の経験に基づく「通行量増加」どまり。 

(3)知識・技術・経験の不足
①関係者が商店街活性化の推進に必要な知識・技術等を修得する機会はない。
②学識経験者は、商店街活性化の指導に必要な知識・経験を持っていない(修得す る機会が無かった)、シンクタンク、コンサルタントも同様。
③このことの指摘は、行政評価・監視でも指摘されていない。

 ★これらが原因で「消費増税」という未曾有の危機(見方によってはチャンス)に的確  に対応出来ない、ということが起きている。ここで適切な手が打てないのは、従来  の取組が何も蓄積出来なかった、継続すれば今後も同じ軌跡を辿るということ。

2.新しい選択
(1)構 成
①商店街活性化の正しい定義(『中活法』スキーム参照)
②活性化実現の方向と方法の確立
③戦略と計画の作成
④仮説―試行による実現
という全体像を共有、協働して「④」に取り組む。

(2)戦略と計画
   これまでの取組にきれいに欠けていたのが戦略と計画
①「戦略」は、現状からスタート、活用可能な資源、時間を巧妙に組み立て活用し て目的を達成するシナリオ
②「計画」は、戦略を実行するために取り組む事業の順序、相互関係、スケジュー   ル、組織など
※我が国には、「一般計画論」レベルの知見が定型的に提供されていないので要注 意。「商業理論」、「一般問題解決論」も同様
  ※現状でいきなり「③」に取り組むというのは各種の条件から不可能なので、専門   家が提供する「アドボケイト・プラン」を叩き台に専門家と協働で取り組む
ちなみに弊社が提供中のアドボケイト・プラン
   

(3)「地方創生」と「商店街活性化」
①地方創生とは:座視すれば衰退趨勢に陥っていく地方都市の持続可能性の維持。 再構築のための取組の総称。都市のあるべき姿を構想し、戦略を立て、ソフト& ハードの事業ミックスを展開して推進する。
②地方創生のキモは「地産地商」
地方都市再生、経済活力の向上は地場中小企業が投資、再投資が出来る状況を作り出すことです。その第一歩は商店街、老朽化した店舗設備の改修・更新には投資が必要ですが、現状では難しい。再投資するには回収可能な経営状態を作ることが先決、増収増益を実現しないと再投資の基礎が作れない。
 「地産地商」が都市の持続可能性の構築を牽引します。
商店街活性化は、困っている商店主の救済では無く、都市の持続可能性の根幹である地産地商を展開するための第一歩に位置づけないと実現出来ません。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ