FC2ブログ

個店の増税対応と商店街活性化の一体的推進

■暗中撫象的取組からの脱却。
通行量が減った、空店舗が増えた、駐車場が無い、アーケードの設置or撤去、魅力的な店が少ない、設備施設の老朽化等々、商店街実態調査の結果としてで公開される商店街の問題意識は(調査設計の不備もあり)、眼に見える通り景観の変化の指摘レベル。
状況は指摘の通りだが問題はそこから先。

 これらの指摘がそのまま「解決すべき問題、対応すれば商店街が衰退趨勢から脱却出来る課題」と受け取られ、施策が講じられ取り組まれる、ということ。
時間とお金を投じて取り組まれるがほとんど効果無し。

なぜか?
理由は明白、これらの現象の多くは商店街が広域において激化する商業集積間競争に適切に対応することが出来ずに顧客離れが生じた結果として発現しているものであり、対症的に弥縫しようとしても効果は得られない。
全国ほとんどの商店街の取組で実証されているとおり。

商業集積としての持続を望む商店街は、あらためて広域に於いて担う商業集積としての機能を定義、再構築を目指さなければならない。
折からの消費増税は街区既存の個店群を直撃しているが、対応する能力は極めて限られている。本来協働で課題に当たるべき組合は上述の通り弥縫策に終始指摘したため、タウンマネジメントとしてこの問題に対応する能力をほとんど持っていない。

■商業理論と経営技術の取得が課題
この問題状況を的確に把握し、取り組むべき問題を定義し、解決策を構想実践するには、状況判断―仮説設定―試行(実践)を一貫して導く〈商業理論〉を装備していうことが前提になることは言うまでも無い。問題は理論の必要が関係者に理解されず装備されていないこと。このため、活性化の取組は、 いつまで経っても暗中撫象的問題設定―効果無き対症弥縫の繰り返しという惨憺たる状況を呈している。

この状況の原因は、関係者の頭の中にあり、コペルニクス的転換が必要だが周知のとおり、信念化している慣行的問題解決手法を否定し、革新することは一般に難しい(らしい)。
これまで〈経験と勘〉で取り組んで来た経営を商業理論と技術に基づく「仮説―試行」に置き換えることには抵抗がある。

これまで学識経験者やコンサルタントによる指導助言は、他商店街の事例紹介がほとんど、環境の理解、問題の定義、実効的な活性化の方向と方法などについての提案はほとんど得られていない。
状況の理解・判断と対応策の構築には理論と技術が非通用だという提案が行われたことは無い。

このような状況で施行された消費増税。
その影響についてはこれまで述べてきているので省略するが、結果としての〈買い控え・店離れ〉は着実に始まっており、これにどう対応するか、ということが個Tンいとっての喫緊の課題になっている。
対応出来なければ廃業、組合からの離脱が続き、組織・商店街の存続に赤信号が点滅する事態も。

この状況にこれまでの活性化事業はまったく役に立たない。
通行量や空店舗問題は、商店街音創業集積としての機能が陳腐化した結果として起きていることであり、個々の現象に一体一的、対症療法的に対応しても、その現象が起こっている原因を解消することはできない。

取り組むべき問題と取り組まれている対策のミスマッチ。これが半世紀にわたって取り組まれている商店街活性化が一向に成功しない根本原因である。
このミスマッチを改善しない限り商店街が活性化され得ることはあり得ないが、取組が改善されることは難しい。

■閉塞状態に登場した千載一遇、起死回生の機会が消費増税。
長期衰退趨勢を加速する消費購買行動の激変と広域における異業態間・集積間競争の激化は、商店街立地の各個店の〈客数・客単価〉の激減として眼に見える形で影響が生じている。逓減傾向には止まる契機が無い。

各個店にはこの状況に適切に対応するための知識・技術が装備されておらず、持続可能性を維持することは難しい。
組合が拱手傍観すれば集積の不可逆的崩壊への幕開けとなる可能性が否定できない。
この危機を乗り越えるには直接個店群の業績の回復、それも即効かつ永続する施策に組織として取り組むことが必要になっている。施策は、当然、個店の業績改善に止まらず、持続可能性―再投資可能性の確保につながる増収増益性の再構築を実現しなければならない。

言うまでも無く、これは商店街の商業集積としての再構築と相即的に推進すべき課題であり、ここに、商店街活性化実現の戦略―商業集積としての再構築と各個店群の業績好転という二つの課題に一体的に取り組んでいく問題設定が〈消費増税〉を契機に可能になった、ということ。
すなわち、消費増税は個店の繁昌、商店街の活性化を一体的に推進するという取組を構築する絶好の機会を出現している。
ショックドクトリン=増税便乗型商店街活性化のスタート。これは最終便、乗り遅れると後がない

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ