FC2ブログ

商店街が活性化出来ない最奥原因

駐車場、カラー舗装、アーケード。空店舗活用、集客イベント、ポイント、三種の神器等々、不足している条件を加上する、という方法から、『中活法』―『中心市街地活性化基本計画』によるタウンマネジメント手法の取り組みまで、多種多様な事業が取り組まれてきましたが、一向に先行きが見えないまま半世紀が経過しようとしています。

どうして活性化出来ないのか?
原因はハッキリしており、取り組みに不可欠の理論(商業・計画)を持たないまま、上述の各種事業をシナリオ抜きでピックアップして計画と称し、取り組みやすい事業から取り組む、という方法に終始していること。
この点については、繰り返し指摘してきました。

今日はさらにその奥に潜んでいる『最奥の原因』について

なぜ、専門的な知識・技術抜きで計画~実践に取り組んで来たのかといえば、その答えは唯一、
【商店街を活性化するのに専門的な知識・技術が必要とは思わなかった】
ということです。
これは重大なことで、商店街だけではなく、行政、学識経験者、コンサルタント。プランナーなど専門家まで、すべての関係者が【専門的な知識。技術は不要】という前提で活性化に取り組んでいたわけです。

基本計画の目標未達について、総務省は行政評価で目標数値の設定やPDCA回しを勧告していますが、専門的な知識・技術の不在については指摘していません。行政評価段階も最奥の原因には到達していない、ということですね。

これが現在の商店街―中心市街地活性化が現在の状況に陥っている原因ですが、了解されましたか?
専門的な知識・技術を持たないと、活性化は実現出来ない、と思いますか?
それとも今までどおり、専門的な知識・技術無し、自分たちの「経験と勘」で取り組んでいれば、状況が変わって商店街は活性化出来る、と思いますか?

消費増税は、「経験と勘」の取り組みに決定的なダメージを与えることが確実ですが、商店街ではどのような対策を講じようとしていますか?

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ