FC2ブログ

中心市街地活性化と商店街活性化

中心市街地活性化と商店街活性化

二つの活性化があって、中心市街地=市役所の取り組み、商店街=商店街組織の取り組み、と区分されていて商店街の皆さんもそれを当然だと受け容れているというはなしがありました。
中心市街地活性化法の仕組はそうでは無いんですけどね。

「中活法」でいう〈中心市街地〉は一般名詞の都市の中心部のことではありません。中活法における中心市街とは都市中心部の商業街区のことです。したがって、中心市街地活性化とは〈商業街区の商業集積としての再構築〉のことですが、ほとんどの関係者が理解していません。
中活法、基本方針、タウンマネジメントマニュアルを理解しないと分からないかも知れません。最近担当になった人はこの三点背セットを読まないかも知れません。

中活法第五条には中心市街地活性化は地方公共団体の責務、と明記されています(第五条)。
なぜ地方公共団体が商店街活性化の責務を担うのか?
その理由はあらためて説明したいと思います。
気になる人は参照して下さい。

いずれにせよ、「天動説」的取組で商店街―中心市街地が活性化することは絶対にありません。
一日も早く地動説=既存個店群の増収増益、売れる売場づくりからスタートしないと商店街の活性化は実現出来ません。

消費増税対策ももちろん増収増益を目指す「売れる売場づくり」でないと〈買い控え・店ばなれ〉を防ぐことは出来ません。
しかし、「売れる売場づくり」に個店が単独で取り組むということは当然のことのようで本当は極めて難しい。
行政が優秀な指導者を確保して薦めるべき事業です。

商店街ではイベントに遣うお金とっじかんは惜しくないが、X将来にわたって商店街存続発展の基礎となる売れる売場づくりのノウハウが地元商店街に定着する取り組みには関心が薄いのは不思議。
消費増税対応という課題もあり、ここで時間と経費を惜しんではダメですね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ