FC2ブログ

商店街活性化の真偽を分かつもの

商店街活性化事業、外からハード、自主事業、補助事業と多種多様に取り組まれています。
事業は本当に活性化に役立っているのか?
役立っているかどうかを見分けるにはどうしたらよいか?

そのためには」まず活性化事業は何を目的に取り組まれるのか、ということを確認しなければならない。
これはシビアな問いかけにすること。
賑わい創出などという浮ついた話ではダメ。

活性化事業の目的は何か?

目的は「存続」すること。
事業の目的は時期や事業の性格によって変わりますが、根底にある目的は常に共通しています。
それは存続する、と言うことです。企業も商店街もそれぞれコンセプトや理念を掲げその実現を目的とします。
しかし、それを実現するためには、まず存続を確保しなければならない。どんな目的を掲げようとも存続しなければ始まりません。
そのためには何をなすべきか?

関係者の売場(組合の場合は商店街全体)に対する期待に応え続けなければならない。関係者とは誰のことか?
1.オーナー
2、従業員
3、4がなくて
5,顧客、取引先、商店街
6,地域社会
これら関係者の期待に応え続けることが出来てはじめて売場は持続できる。
関係者の期待に応え続けるには、コストが掛かります。
売場はコスト原資を獲得する唯一の場所。

持続するためには、「売れる売場」を作り、維持しなければならない。
このとき、重要になるのがお客の存在。
売れる売場を持続するためには「お客の期待」に応え続けられる売場を作り、維持しなければならない。
ここで関係者の期待のウチ、「顧客の期待に応え続けること」が再優先課題に浮上する。

売れる売場を作り、お客の支持を維持・拡大し、関係者の期待に応えるコスト原資を確保する。さらに将来に割って持続するために必要な投資を可能に佐売るレベルで増収増益を維持しなければならない。
こういう論理でオーナーや従業員が売場に対してもっている吉に応える、という役割よりもそのためには増収増益、お客の支持を得なければならない、という論理でお客の北に応える売場づくりが優先課題になる。

これは増収増益を実現する唯一の手段ですから他の期待(目的)より御優先しなければならない、
増収増益の実現を巡ってその他の目的が手段に位置づけられる。
目的と手段の関係が相互に入れ替わるのが小売業の特徴です。

商店街活性化を目指す以上、手段としての個店売場の増収増益体制の再構築は避けることの出来ない課題(手段)
商店街活性化の取り組みで個店売場の改革はどのように位置づ毛割れ、取り組まれているか?

個店売場の売れる売場への転換に取り組まない、個店群の増収増益の実現に取り組まない商店街活性化は。、目的である商業集積としての再構築を果たすことが出来ません。

商店街活性化の真贋は、「売れる売場づくり」に取り組んでいるかどうかで見分けることが出来ます。
あなたの商店街では売れる売場複づくり、どういう位置づけでどういう取り組みが行われているでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ