FC2ブログ

商店街活性化、国の認識

 商店街活性化は陳腐化した、これからはまちづくりだ、という声も聞かれますが、こういうことを言う人たちの特徴は、
1.商店街活性化を定義しないまま、活性化事業として通用している事業に単発的に取り組み成果を挙げられなかった
2.まちづくりとは当該商店街がどうなることか定義していない
ということです。
 定義しない活性化事業が成果を挙げられたのは、競争の中心が「商店街間競争」だった頃限りの話、郊外や上位都市への流出阻止を目的に取り組まれた事業が、隣接する商店街との差別化という意図せざる効果をもたらし、商店街間の集客競争に効果を上げたからです。
現在、後期における集積間競争は、都市及び周辺地域の生活者の消費購買行動を標的とした「商業集積としての優劣」を基準に展開されており、もはや商店街間の競争―ソフト&ハードの機能の充実度合い―は競争手段として効果を失っています。
商店街活性化の陳腐化とは、従来取り組まれてきた事業の陳腐化であって、活性化が不要になった、ということではありません。

 ちなみに国は「活性化」について現時点でどのように認識しているか:
『中心市街地活性化法』.『基本方針』から紹介してみましょう。

『基本方針』
第七章「・・・注視街地における経済活力の向上を図るための事業及び措置に関する事項」の「中小小売商業高度化事業の趣旨」に次のように書かれています。

引用スタート*******************

中心市街地における中小小売商業の活性化のための取組が、従来、
a) 個々の商店街ごとの活性化努力にとどまり、複数の商店街による広域的な中小小売商業の発展に必ずしも結びついていないこと、
b) 専ら基盤整備などの周辺事業にとどまり、中小小売商業としての競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化に関する取組が不十分であったこと、
c) 主に事業を営む中小小売商業者を中心とした取組であり、地権者等との連携が不十分であったこと、
d) まちの様々な事業主体との連携が不足していたことなどを踏まえ、
商業者を取り巻く様々な関係者との連携の上に立った、意欲的な中小小売商業者による業種構成・店舗配置、基盤整備及びソフト事業を総合的に推進し、周辺地域への波及効果の認められる商店街等中小小売商業の高度化を通じた中心市街地のにぎわい回復に資する取組を戦略的かつ重点的に促進するものである。
引用終わり*******************

従来の活性化のための事業が不十分だった点を指摘し、これからの活性化のための取組の在り方が示されています。
活性化が陳腐化したのでは無く、これまでの取組の在り方に不備、不足があったということです。
不備不足の原因はどこにあったのか?
一番大きな原因は、商店街活性化とは商店街がどうなることか、明確な定義が行われていなかったことが挙げられます。
定義されない活性化事業は、もっぱら活性化事業として成功している事例をモデルに、商店街音実情に合わせてアレンジして取り組む、ということが中心でした。
ハード事業:駐車場、カラー舗装、アーケード、核店舗,景観整備等
ソフト事業:スタンプ、集客イベント、ホームページ作成等
活性化の定義が無い、各種活性化事業の総合的、一定的な実施で実現を目指す目標としての商店街の在り方を決めないまま、単発一過性で取り組まれて事業は、隣接する商店街との強壮には効果があったものの、目的である集積間競争及び上位都市への流出阻止には効果がありませんでした。商店街間の競争が意味をなさなくなっている今日、商店街間競争にしか効果の無い活性化事業が陳腐化しているのは当然のことです。

改めて国の問題認識を確認すると、従来の活性化の取組の問題点を指摘し、これからの実現すべき在り方が提言されています。

意欲的な中小小売商業者による業種構成・店舗配置、基盤整備及びソフト事業を総合的に推進し、周辺地域への波及効果の認められる商店街等中小小売商業の高度化
です。

そして、商店街の活性化・高度化が目指す上位目的は、
集積間競争が常態化している広域商圏に於いて持続可能な商業集積としての在り方を再構築すること
です。
これが商店街活性化恩定義です。

そのためには、自生型商業集積としての現在の在り方から、他の集積と「棲み分け」を実現するコンセプトを導きとする企画型賞牛集積へ漸進的に移行することが必要です。
当社がかねて提唱しているところですね。

商店街活性化かまちづくりか、結論はハッキリしています。
商店街としての存続を目指すなら、取り組むのは商店街活性化、G定義の無い『商業まちづくり』では無いことをしっかり確認して下さい。特に行政の担当者さんは、上位目的の無い『街D繰り』の単発事業の繰り返しという従来の活性化事業とほとんど同じM内容の空疎な「まちづくり」に時間とお金を支出し続ける余裕はありません。
改めて各種事業の一体的推進で実現を目指す,コンセプト主導の商店街活性化プロジェクトを構築,発進しましょう。

当社は,全国唯一、商店街活性化を実現する具体的なプロジェクトを公開提案しています。
すでにご承知の通りですが、改めて紹介しておきます。

コミュニティモールプロジェクトのご提案





コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ