FC2ブログ

数値目標の設定

 総務省の行政評価において、取組の成果が挙がらなかった理由の一つと指摘されてからにわかにクローズアップされ、新スキームでは設定することが求められている「数値目標」ですが、認定第一号以来、掲げられている目標には疑問があります。

 法の定義によれば、中心市街地活性化とは“中心市街地における都市機能の増進及び経済活力の向上”ですから、数値目標とは、一定の機関において実現を目指す、“中心市街地における都市機能の増進及び経済活力の向上”の達成を測る指標となりうる特性を持った数値でなければならない。
 したがって、目標数値の設定にあたっては、
①選択する「目標」が中心市街地活性化の特定の側面の進展度合いを測定する指標として適切であること
②設定する数値が、一定の期間における目標の達成度合として適切であること(達成可能であり、かつ、計画期間中の最終目標達成を
担保する)
を確認しておかなければならない。
至極当たり前のことです。
また、目標数値の達成が商業者をはじめ関係各方面の活性化への取組全体に対する期待に応えうる内容で無ければならないことも言うまでもありません。

 これまでチェックした見た限りの「基本計画」においては、「目標」の役割及び具体的な選定及び数値の設定について、きちんとした位置づけが行われているものはありません。
たとえば、経済活力の向上~商業の活性化という目的の達成を担保する目標として「通行量の増加」が選択されていますが、「目標としての適格性」を示す通行量の増加と商業の活性化の因果関係は明らかにされておらず、また、設定されている「目標数値」もそれが達成されることで具体的にどのような効果が期待されるのか、まったく明らかにされていません。

 こういう目標が掲げられても、誰もその目標が「中心市街地活性化」の達成を測る指標であり、目標数値の実現こそ商業活性化の現実的な達成、「経済活力の向上」を実現していくものだ、と納得して自分の仕事の中心に据える人はいないのではないでしょうか。

 特に、中心市街地における経済活力の向上とは「商業の活性化」と不可分の関係にあるわけですが、「通行量の増大」という目標、○○%の通行量アップという目標の達成に商業者が自分の商売の命運を賭けて取り組むとは思われません。
商業者が眼の色を変えて達成に取り組む目標を設定せずに中心市街地の活性化~経済活力の向上~商業の活性化~ショッピングの場としての再生(→中心市街地固有の都市機能の増進)が実現できるものかどうか。

 既に認定を得ている都市もあらためて考えてみる必要があるのではないでしょうか。
といっても、当サイトにお出でになっている関係者があるとは考えにくいのですが・・。

 目標の選択とその数値設定について考えています。
【都市経営入門】 「数値目標を考える」 http://www.quolaid.com/cgi/tkf/wforum.cgi?no=1979&reno=no&oya=1979&mode=msgview&page=0

お急ぎの方は 「目的から導かれる目標」
あるべき目標、数値設定について考えています。
これまでのアプローチが如何に浅はかなものだったか、分かりますし、総務省がなぜ「目標数値の設定」に注目したか、ということも理解されます。
認定のキモである「目標数値」の設定は、「ほんとうに活性化を実現できる計画を立てる」という作業を行ってはじめて可能になります。
ということが、心底納得できるのは、「活性化を実現できる計画」を立てた後かも知れませんが・・・。


数値目標、数値を出せばよいというものではなく・・・
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ