FC2ブログ

商店街活性化が直面している二つの課題。

 この時期における商店街活性化を考える上で重要なことは、
[これまでの取組は重大な欠陥があった]ことを認め、その欠陥を指摘し、対処方法を考えることです。欠陥があったから活性化出来なかった、ということを認め、欠陥を改善しないまま、従来の取組を継続したのでは従来どおりの目標を達成出来ない取組を延々と続けることになりかねません。
 商店街活性化とは商業集積としての再構築である、と定義すると、現在の商店街活性化の取組には二つ大きな欠陥があります。

(1)第一の問題は、
  ①再構築を目指す商業集積としてのコンセプトが決定されていない
   ことです。商店街を商業集積としての再構築する、という目標を掲げたとたん、[商   店街は、ショッピングモールを始め、広域生活圏に展開している商業集積群と如何   に棲み分けるか」という問題に直面します。
  ②商圏内で相対的に優位に立てるポジションを発見してコンセプトとして確立、「店   揃え・サービスミックス、環境」として実体化しなければならないわけです。これ   を実現しない限り、商店街が商業集積としての持続可能性を確立することは出来ま   せん。
③コンセプトを確立するには、既存の商業集積群のコンセプト―業容編成を分析・理 解し、評価する作業が不可欠ですが、この作業はこれまでほとんど行われていませ ん。この作業には商業理論による導きが不可欠ですが、商店街活性化の関係方面に 商業理論は登場していません。
  ④どこの都市の中心市街地活性化基本計画を見ても、郊外型商業集積との位置関係は   論じられておらず、あたかも商店街活性化とは、街区内における通行量の増大、空   き店舗の減少そのものであるかのような問題の立て方が行われています。
   従来の商店街活性化は、競合の存在を無視して、問題は通行量・空き店舗という眼   に見える問題への対応で事足りるという前提のもとで取り組まれ、根本要因に迫る   ことが出来ませんでした。これからの商店街活性化では、「コンセプトを導きとし   た商業集積としての再構築」を目的として掲げることが不可欠です。

(2)第二の問題
  ①既存個店群の売場の[売れる売場]への転換がほとんど取り組まれていないこと。
   第一の問題と直接関係しますが、ご承知のとおり、商店街既存の個店群の多くは長   年にわたって業績低迷に陥っています。様々な活性化事業が取り組まれていますが、   業績好転を実現することは出来ません。その原因は各個店の売場の在り方そのもの   にあります。
   商店街立地の個店売場の現状は後発のショッピングオールなどの売場と比較すると   相対的に魅力に欠けると評価され、客離れが生じています。
②商店街が活性化するには、これらの既存個店群が[売れる売場]に転換することが 条件になります。この転換は、個々の売場が直接取組、変わっていく以外に方法が ありません。店前通行量が増えても、空き店舗が減っても既存の売場の業績が好転 することは無く、商業集積としての転換が進むこともありません。
  ③商店街の活性化には各個店が現状の低迷から脱却することが不可欠ですが、各個店   にその作業に取り組むノウハウがありません。
   したがって、イベントなどで集客した一回性のお客を自店のお客に転化させ、商店   街の顧客にするという役割を果たすことが出来ません。
   商店街活性化のスパイラルは、そのカギである個店売場の不備によって機能しない、   というのが現状です。
④この状況を放置すれは、一年後の消費増税以降の消費行動の変化に対応出来ずに廃 業に追い込まれる中小個店が続出することが懸念されます。もちろん、商店街活性 化も従来どおり堂々巡りを繰り返します。

(3)二つの根本問題に如何に取り組むべきか?
  ①緊急の取組は、「既存個店群は、今の立地で繁昌出来る」ことを実証すること。
   これまでの取組、通行量増大や空き店舗解消の取組では「こうすれば商店街は活性   化出来る」という根拠が示されていませんでした。新しい取組はこうすれば商店街   は活性化出来る、と主張し、その根拠を実際の取組で実証しなければならない。
②実証することが、各個店と商店街の「持続可能性」を実証し、各個店の活性化への 意欲を振起し継続させる唯一の方法です。
  ③個店群の[売れずに困っている売場]を「売れる売場」に転換する取組が必要であ   り、ご承知の通り、弊社はその術式を確立し、有志商店街、自治体の取組を支援し   ています。
④「二つの根本問題」に一個の事業で取り組む、それが弊社が提案するコミュニティ モールプロジェクト、その中核に位置する「売れる売場づくり事業」です。

(4)「売れる売場」づくりは、消費増税対策としても喫緊の課題です。
消費増税対応講習会:〈お金を掛けず・ 売れる売場づくり〉 のご提案
http://www.quolaid.com/kongonoyotei/2018syouhizeitaisaku.pdf  以上のような問題状況に対する「解答」として提案しているのが弊社の『コミュニテ ィモールプロジェクト』です。http://www.quolaid.com/kongonoyotei/cm1.pdf
 都市や商店街の規模、特性に応じて実情に即した計画に落とし込むことが出来ます。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ