FC2ブログ

RSC 二題

■RSC、今そこにある明白な危機

 テナントミックスのほんとうの意義を理解していないために、「もの余り・店あまり」という状況への対応を「テナントリーシング」即ちテナントの入れ換えで済ませようとしていること。

 「陳腐化したテナントを元気のいい店と入れ換える」というのが既存SCのマネジメントの基本であることは、SC関係者周知のところですが、どこがダメかといえば持続的に実現し続けなければならない「テナントミックスの最適化」を、業績不振に陥った個別テナントの入れ替えでなんとかできる、と考えていること。

 テナントミックスの鮮度=テナントリーシングの鮮度だと勘違いしているSCマネジメントでは、既存テナントミックスの最適化を実現する「理論と技術」がありません。
「元気のいい店をいちはやく発見して不採算店と入れ換える」という路線は、競合各社が一斉に採用しているところであり、業績が落ち込んでいるSCほど実効性が挙げられないことは明白です。

 既に空きスペースが埋まらなくなっているSCは珍しくも何ともないわけですが、リーシングに頼っていると今は良くてもすぐにリーシングの候補となるお店が払底することは目に見えているわけです。
最適化をリーシングで維持しようとすれば、収益性が悪化しますし、そういう手法で実現したテナントミックスがSC全体のデスティネーションの維持に効果があるわけで無い。

 ということで、RSC業界はテナントリーシングによるテナントミックスの維持という擬似マネジメントにたようっている限り、曽於凋落は時間の問題だ、と思うのですが如何でしょう?
この問題、SC関係者で先が見える人、つまり当サイト常連のSC関係者各位には大変な戦略的問題だと思うのですが。
問題であることは十分理解されていますが、では「どう対応したらよいか」ということはほとんど見当が付いていないはず。
目下は横並び状態ですが、「見当」がつき、試行をスタートするところがでてくると、他社は大変なことになる。


■ SCを理解するということ

 彼を知り己を知れば百戦殆うからず(老子)。

 よく言われることですが、問題解決に取り組むにあたって、「彼」=問題をよく理解するということは、きわめて大切なことです。このプロセスをスルーしてできあいの解決策を採用して失敗するというのは、「いつか来た道」であります。

 心ここに在らずば、視れども見えず(心不在焉、視而不見)
という言葉もありまして、問題を的確にとらえようとする準備が無いと、いくら眼を凝らしても問題が問題として見えることはありません。
われわれは望むと望まざるとに関わらず、アタマの中に装備している「理論」を使ってものごと見ています。既存の理論が「問題を適切にとらえる」道具として不的確であれば、問題の見え方・とらえ方を誤り、「解決策」を誤ります。
 
 中心市街地活性化に取り組んでいくうえで、もっとも大切なことは、都市住民の生活・消費購買ニーズの状況を理解するということ。「多様化」「もの余り」「高齢化」「少子化」などそれらしい言葉は飛び交いますが、それらの趨勢がもたらす「消費購買行動の変化」を把握しない限り、「活性化の方向と方法」を決定することは出来ません。

 このところ推奨している広域型ショッピングセンターを理解するという作業は、「消費購買行動の変化」を理解する一環として取り組むもの、何もSCの弱点を見つけてそこをついて勝とう、という
ことではありません。
SCを理解する、という仕事は“消費購買行動を理解する”という作業と表裏一体です。
 
 消費購買行動の実態を知り、SC隆昌の裏に隠されている消費購買ニーズの変化を理解しない限り、中心市街地が再構築を目指すべき「ショッピングゾーンとしての事業機会」は見えません。
「賑わい創出」、「通行量の増加」を掲げた計画を推進しようとしている皆さんは、ほんとうにその取組の彼方に「繁昌する中心市街地」を想像できているのでしょうか?

 今日から取り組む「RSCを理解する」は、中心市街地活性化を実現しようとホンキで考えている皆さんにとって、その成否を左右する重要な問題へのあらためての挑戦です。

 彼を知り己を知れば百戦殆うからず
 心ここに在らずば、視れども見えず

 ということで、SCを理解することを通じてほんとうの問題=中心市街地において再構築を目指す新しいショッピングの場とは、どのような消費購買行動の変化に対応しようとするものなのか、一緒に考えてみましょう。

昨日に引き続き RSCの勉強はこちらで

SCも商店街も大変です。
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ