FC2ブログ

中心市街地―商店街はなぜ活性化出来ないか?

 対策として“PDCAを回す”という案も出ているが問題はもっと根深い。
添付資料に採録されている各地の『中心市街地活性基本計画』で『中活法』のスキームに照らして合格水準に達しているものは一個も無いと断言される。

 どういうことかというと、これらの基本計画に計画されている〈事業及び措置〉を一つ残らず完全に実施したとしても所期の目的である中心市街地=都市中心部所在の商業街区・商店街群の商業集積としての持続可能性の維持または再構築に接近することは出来ない、ということ。
総務省の行政評価/監視結果の「数値目標悉皆未達」とはそういうこと。

ある意味これは当然の結果で、大店法施行当時以来、活性化と言えば腕に覚えのある商店街間競争のノウハウだより、これまで
1.商店街活性化は定義しなくても活性化出来る
2.商店街を活性化するのに商業理論は必要ない
という基本姿勢だったのに、中活法のスキームで〈目標:商業集積としての持続可能性の再構築〉が示されても,それを実現するための事業及び措置を計画する基礎体力が無かった。

これまで歩んできた経路から一足飛びに離れる、というのはなかなか出来ることではありません。活性化の実現員はいわゆる〈経路被拘束〉からの脱却が課題だったが認識されず、もとより認識したとしても腕力不足はいかんともしがたい。

1.商店街活性化は定義しなくても活性化出来る
2.商店街を活性化するのに商業理論は必要ない
という条件での取組なら当然功なるだろうな、と予測されるとおりの結果が起こっている。
商業集積としての再構築を目指すなら不可欠の課題である既存個店群の売場の改革改善がまったく計画されていない。所要の理論・技術の修得が計画されていないということは、問題がよく理解されていない、ということの証左。

しかし、ものは考えようで、この状況はけして悲観するには及ばない。
もし、これまでの計画―取組が『中活法の』スキーム通りに計画され推進された結果、現在の状況が起きているとしたら、これはもはや活性化は断念せざるを得ないところだが、幸か不幸か、取組が間違っており改善の余地が大いにあるとなれば、夢も希望もあるというもの。

 特に我々が提唱する『コミュニティモールプロジェクト』は、中活法のすきーむをそのまま『商業集積としての再構築の』方向と方法として採用して作られた本法唯一のプロジェクトの原型。これを基本計画の第七章「経済か活力の向上のための事業及び措置」の内容として所要のアレンジをすれば、中心市街地―商店街活性化は実現に向けて大きく前進することになる。

商業集積としての再構築を目指すなら不可欠の課題である既存個店群の売場の改革改善がまったく計画されていない。所要の理論・技術の修得が計画されていないということは、問題がよく理解されていない、ということの証左。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ