FC2ブログ

商店街活性化はなぜ必要か?☆

中心市街地活性化法制定以来、20年取り組んで来たのに、思ったような成果があがりません。自分のところだけならいざ知らず、全国的に成功事例が出てこない、という情勢において、「そもそもなぜ商店街活性化に都市の課題として取り組まなければならないのか?」ということがあらためて提起されているところも少なくないようです。
 「商店街活性化」を全国の都市に共通する戦略的課題であると位置づけている当社の立場から見た「商店街活性化はなぜ必要か」
以下ご披露いたします。

1.都市を中心にした広域圏に居住する人たちの「生活を充実させる」ニーズの受け皿としての事業機会を確保する。
◇新しいニーズ:「自分の所得の範囲で生活を自分らしく演出して堪能する」。郊外のセルフサービス主体の売り場では満足させられないニーズ。詳しくはサイト内検索=「ラグジュアリィ」

2.域内経済循環:都市の消費を流出させずに域内再所得として還流させ、域内経済成長を牽引する

3.担税率の高い/相対的にインフラの整備された街区の効果・効率的な利用・再構築
◇固定資産税等、高額負担に見合う効果・効率的な土地利用が停滞していることは、都市経営上のマイナスであり、かつ、土地所有者にとって相対的に過重負担を生じている。

4 .方向と方法を明示することによる、既存商業者の活性化への努力の集約化
◇多くの既存商業者が自店の活性化、魅力ある個店づくりに取り組まなければならない情況にある。単独、単発の取り組みで活性化を実現することは難しい。商業者の経営確信の努力を集中・集約すること、取り組みを支援することが求められている。

5.商業施策の有効化、成果の蓄積・相乗効果の発揮
単発的な商業施策では効果が出ない、シャッターの内側の取り組みを連動しないと効果がない、という情況を突破する方向は街ぐるみでの転換しかあり得ない。

6.郊外型商業が対応できないラグジュアリィニーズ対応商業集積の構築による都市間競争における優位の確保
◇周辺各都市に先駆けて「ラグジュアリィモールとしての再構築」を実現することで広域からの集客が期待される。中心市街地が名実ともに広域の中心、「顔」として再生する。

7.中心街区の景観整備の推進
◇事業の進展で老朽店舗の更新、空き店舗を利用した新規出店が始まることで、景観整備事業の効果が生まれる

8.実務担当者の都市経営能力の向上
◇計画作成~実施能力、関係者を「その気にさせる能力」など、都市経営に必要な能力を開発・修得する。

9.活性化推進ノウハウの他地域/事業への伝搬
◇この事業で開発・修得した地域活性化の推進に必要な知識・ノウハウなどを市内他地域の取り組みに活用することが可能になる。

10.地場産業・国内消費財産業の流通経路の再構築
◇郊外で売られているのは輸入品主体、国内産品は小売部門の空洞化により、疲弊している。中心市街地が新しい商業集積として再生することで、国産消費財の流通経路が生まれ、産地・地場産業の活性化をもたらす。

11.等々の成果を総合した「都市経営」の進歩向上
◇自助努力による都市経営が課題となっているこんにち、中心市街地活性化への取り組みに成果があがれば何よりの自信となる。

如何ですか?商店街活性化の補助金は、このような重要な役割を担う商店街を名実ともに活性化するためのもの、一過性のイベントや空き店舗対策で費消することは誰も想定していませんよ。

商店街活性化の必要性、都市内関係各方面と共有することが大事ですが、その前に有志による先行実証があると受け入れやすいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ