FC2ブログ

商業理論無き商店街活性化

これは成立しませんので。
商店街活性化を定義しない商店街活性化
商業・まちづくりを定義しない商業まちづくり
タウンマネジメントを定義しないタウンマネジメント
エリアイノベーションを定義しないエリアイノベーション
テナントミックスサポートを定義しないテナントミックス
などすべて理論の裏打ちが無いので、個別事業は「成功」しても上位目的:商店街の商業集積としての持続可能性の維持、再構築には無縁です。
中活法施行以来取り組まれてきた中心市街地ー商店街活性化が成功しないのは、理論に裏打ちされた計画では無かったから。

商店街を活性化するということは、郊外のチェーンストア群からお客を引きはがすということですからね。
通行量とか空き店舗とか眼に見える問題への対策では効果が無く、お客が動化無いことはよく分かったるはず、本気で活性化したいなら新しい事業機会を発見し、それを自分たちのものにしなければならない。

そのためには、地域の生活と郊外のチェーン店群との関係をよく理解し、その間に「ミスマッチ」を発見し、それを事業機会として構築していかなければならない。ミスマッチの存在は既に明らかになっており、事業機会とする方法も「売れる売場づくり」として術式が確立、有志個店によって実証されています。

取組は「仮説―試行」で進めますが、そのためには仮説の基礎となる理論と技術を修得することが不可欠、チェーン小売業の躍進の陰にはそれぞれの業界、企業の理論と技術修得、人材育成のたゆまぬ努力がありました。

商圏内における競争で明らかな劣位に陥っている商店街が再起するには、チェーン以上の理論と技術を修得することが必要です。
現在の店舗の売り上げを落とさずに新しい売場に転換していくことが課題であり、それを可能にする方向と方法を発見し、採用しなければならない。

全国の心ある関係者がその方向尾と方法を探求しています。
ご承知の通り、ここではその「方向と方法」を実証事例付きで紹介しています。
後は決心次第。
定義無し、理論無しの「商業・まちづくり」でも、まちづくりの定義と商業理論の必要性について認識されてきたようです。しかし、今から理論・技術を体系的に構築するのは大変だと思います。まず商店街活性化のタイミングと亜割ることは難しいと思います。それでも理論と技術に目覚めたことはいいこと。

我々は既定路線を粛々と前進するのみ、です。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ