FC2ブログ

商店街 メンテナンスか 活性化か

活性化とは商店街がどうなることか?

定義しないで取り組まれている活性化事業は、目視で街の様子を見て不具合を発見、部分的に補修する、という作業の繰り返しです。
基本的な発想が、
1.街の商業集積としての機能には問題が無い
2.ただ、所々不具合が生じているので修理が必要
3.不具合が生じているのはハードだけでなく、販促も。
ということですね。メンテナンスの発想です。

郊外型商業集積の動向やそれに対する対応などは「メンテナンス」の域を超えていますから、関係なし。
消費増税対応もメンテナンスを越えていますから関係なし。
個店の業績不振もメンテナンスでどうにかなることでは無いので関係なし。

ただし、眼に見える不具合:
1.通行量の激減
2.空き店舗の増加
3.ポイントの不振
などには対応します。ただし、対象加療です。
加療例:
通行量→集客イベント
空き店舗→出店促進
ポイント→販売促進

もちろん、無数に事例があるように、メンテナンスで商業集積としての欠陥を改革することは出来ません。
しかし、誰もメンテナンスでは活性化出来ない、という人はいません。
行政、学識経験者、コンサルタントも同じ。

皆さんは、「集積間競争」に街全体の「商業機能が劣化しているため長期衰退趨勢に陥っている、対象加療では反転できない」
という事実は見てみない振り。

商業者だけは無く、活性化に関わる学経さん、プランナーさん、コンサルタントさんなどなど、みんな「象さん」が見えない振りが上手です。

商店街活性化とは、不備不足を修理補充すること=商店街のメンテナンスだという考え方が主流を占めている間は、商店街・個店が増収増益、再投資可能な経営を実現するのは難しい。
「メンテナンス思想」からの脱却が重要な課題です。
消費増税はメンテナンスでは対応出来ない!

この思想からの脱却は「お説教」では難しい。
一番効くのは「売れる売場づくり」ですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ