FC2ブログ

タブーを打破する売れる売場づくり

商店街活性化の核心となる問題は、既存個店群のい売れなくて困っている売場を〈売れる売場〉に転換出来るかどうか。

各種事業の事業終了後の成果は、商店街をショッピング行き先として愛顧する顧客が増えること。全ての事業の究極の成果はここに実現されないと意味がありません。
陳腐化してショッピング行き先としての評価が低い売場が集まっていては、イベントなどで集客してもショッピング客としての定着は望めません。
街を活性化するには、愛顧客を作り出す個店売場の充実が不可欠の条件です。

一方、商店街には他店のことには立ち入らない。、という不文律があって、ほとんどの店主を縛っています。誰も他店の売場をチェックしたり、助言をしたすることはタブーになっています。
商店街が解決すべき問題として、個店の売場の改善に取り組む、とは口が裂けても言えません。何しろ皆さん、一国一城の主、ですからね。

気配を察している研究者、指導者も言えません。
城主さん達の逆鱗に触れて出入り禁止でも食らった日には元も子もありません。触らぬ神にたたり無し。

ということで、個店売場については、あたかもなんの問題も無い。通行量が増え、空き店舗が減れば個店売場はお客でにぎわい、商店街は活性化する、という擬制のストーリーがまかり通っている。
誰も信じていないはずですが・・・。

この状況を突破して個店売場の改革を実現しないと商店街恩活性化-商業集積としての再構築は始まらないのですが、どうすれば突破出来るのか?

キラリに取り組んだ人はご承知の通り、商店街における個店売場への立ち入り、売場づくりの協働はタブーでも何でもありません。取組さえすれば、ショッピングモールの売れる売場づくり〉よりも簡単です。
ただし、取組に条件があって、いわゆる一国一城の主さんたちが作り上げている売場にダメを出し、納得してもらい、提供する対案を参考に「売れる売場づくり〉にチャレンジしてもらわなければならない。

どうしたらその気になってもらえるのか?

弊社のもっとも得意とするところですね。

折しも〈消費増税〉が一年後に迫っている今日、今をおいて〈売れる売場づくり〉にチャレンジする機会は滅多に無いと思います。
消費増税はタブーを打破する役割を果たしてくれると思います。売れる売場づくり、まずは〈試行版〉で効能効果を確認し、その後、補正予算で提供される対策事業を利用して本版に取り組む、という二段階がお勧めです。

商店街活性化の成否を左右する個店売場の売れる売場への転換をタブーを打開して推進出来るのは、個店売場への臨店指導で増収増益を実現する当社の術式だけです。

タブーから開放された真の活性化を目指すのか、これまでどおりタブーのもとでフェイク版活性化でお茶を濁すのか、二者択一の時です。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ