FC2ブログ

大丈夫か、誰も向き合わない消費増税

消費税率アップ案件、軽減税率以外はほとんど話題になりませんね。。
「もの余り・店あまり」下の消費増税、「買い控え」に対応する価格競争が激化することは言うまでもありません。お客の消費購買行動はいっそうシビアになり、新しい基準でショッピング行き先を選定し直す可能性が高い。
適切な対応が出来ない中小個店には「店離れ」が発生しそうです。やむなく価格競争に参入すると減収減益確実、税率アップに耐えられるか?
商業集積としての商店街は、消費増税を契機としてさらに蒙一段階、衰退、存亡のスパイら卯が加速するのではないか。

この時期に、日頃「商店街活性化」「まちづくり」に取り組んでいる関係各方面が「消費税率アップ対応策」を打ち出さないのはなぜか?
理解出来ませんね。
個店が対応すべき案件だから関係ない、と言うことか?
対策なんか分からない、と言うことか?
どちらにせよ、正体見たり、ですね。

当社的にはこれから一年間は真一文字、消費増税対策。売れる売場づくり、でいいのではないかと思うくらいです(^_^)
皆さんは如何ですか。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ