FC2ブログ

商店街はなぜ活性化出来ないのか?

このところ、この問題ばかり取り上げていますが、どうやら活性化出来ない理由が分かってきました。

活性化の成否を左右する既存個店売場の陳腐化という問題に取り組まず、もっぱらシャッターの外側の事業ばかり取り組んでいることがその原因ですが、

なぜそうなっているのか?
ということにもちゃんと理由があります。
シャッターの内側の取組は、これまで取り組んだことが無く、取り組み方が分からない。
業種ごとに店づくりが異なり、かつ、オーナーの考え方もいろいろなので組織としての取組は難しい。
行政の支援制度がもっぱらシャッターの外側にカギfられている
などなど。

さらに商店街活性化は難しい、辛抱強く取り組まなければ実現出来ない、という声もあって、そこから逆に、効果の無い事業に延々と取り組んでしまう、ということも起きています。

活性化のため、と称して取り組まれる各種のイベントなどはまさにその典型です。
イベントが悪いわけではありません。
イベントの目的はイベント独自であるはず、それを達成すればイベントは成功です。
しかし、イベントに売り上げ不振に陥っている各個店のお客を増やす力はありません。当然のことです。

活性化の取組が迷走しているのは、活性化のために本当に取り組むべき課題が放置されていることが原因です。

放置されている取組とは:

既存個店群の売場の「ショッピングの場」としての魅力を拡充すること。

この取組は「個店の仕事」として個店が取り組む仕事、プロである各個店のオーナーさんが取り組むことであり、その結果、「売場はショッピングの場としてちゃんと整備が行き届いている」という仮定の上に各種活性化事業が企画され、推進されているわけです。

したがって、もし仮定が間違っていれば、仮定を前提に取り組まれる活性化事業は、効果を発揮することが出来ません。

たとえば活性化を目的とする通行量増大のための事業は
1,通行量を増やす
2.個店のお客が増える→個店の増収増益実現
3.個店の再投資が可能になる→経営存続の条件
4.繁盛店が増えて商店街が活性化する
という経路をたどることって活性化を実現しようとするものですが、肝心の痛苦王の増加による個店顧客の増加、というプロセスが実現出来ない。

これは当然のことです。
業績不振の店舗が多くなって活性化が必要な状況に陥っている商店街で、増えた通行量を「タネ」として自店の得意客を増やす、という店づくり・売場づくりが出来るという仮説は成り立ちませんから。
商店街活性化事業、うまく行かないのは成否の決め手となる交通量の得意客へ御転換という最重要な課題への取組を売上低迷に苦しんでいる個店に一任、知らんぷりしているからですね。

これまでの取組の根本的な見直し無しで集客イベントの企画三回を改善しても商店街活性化は実現出来ません。
特に。
来年10月には消費財率アップが施行されます。
個店、商店街の現状では税率アップによって起こる環境の変化(消費購買行動・競争の変化)に対応して経営を維持・拡大していくことは難しいと思います。

今商店街組織が取り組むべきことは、
1,個店の消費税対策
2.活性化事業の改革
3,組織の活性化
だと思いますが、その礎となるのは個店の「売れる売場への転換」です。
「売れる売場」を作ることが各種事業の取組の結果が得意客の増加として蓄積去れ、商店街活性化お実現に向かう根本条件です。

消費税率アップ対応を合言葉に今すぐ「売れる売場づくり」へのチャレンジを企画しましょう。
緊急課題への正しい対応が商店街活性化実現への王道です。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ