FC2ブログ

戦略と戦術のミスマッチ、活性化と販売促進は大違い

 商店街がいつまで経っても活性化できないのは、活性化とは商店街がどうなることか定義しないまま、漠然と活性化に役立つだろうと思われることに取り組んでいるからですね。
活性化とは街がどうなることかあらためて考えて見ることも無く、昔から取り組んでいる販売促進事業に取り組んでいる。
一区切りついても結果を総括することも無く、次の販促事業に取り組んでいく・・・。

  販売促進と活性化はまったく違いますからね。
● 販売促進=繁盛している個店、商店街等が現在採用している方針・戦略のもとでそれを維持・推進するために取り組む、趨勢を維持することを目的とする事業。売るための準備、仕掛けをして商圏内にアピール、お客を集めて売上を作る。
●活性化=衰退趨勢に陥っている商店街を商業集積としての持続可能性を再構築すること。従来の方向・戦略からの脱却を目指します。

販売促進は、全体としての売場―商店街のあり方が経営環境に適合しており、その方向で進めば経営は安泰である、という状況に於いて取り組まれる、現在の方針・戦略を維持しさらに推進する戦術課題への対応です。
一方、商店街活性化は、現在の商店街のあり方では将来にわたる商業集積としての存続が危ぶまれる状況に陥っている商店街が取り組む持続可能性の再構築、存続のための戦略課題です。

現在各地で取り組まれている活性化事業の多くは、集客イベント、空き店舗活用、三種の神器(まちゼミ、100円商店街、一店逸品ん)、バル、キャラクターの整備など「集客―販促事業」がほとんどです。
街の商業集積としての性格、あるいは個店の業容を転換するという取組はほとんど行われていません。

 商店街活性化の現状は、戦略課題=「商業集積としての性格の転換」に、販売促進事業=現行路線の維持拡大という目的野本で取り組まれる「戦術レベル」の事業で取り組んでいることになります。
課題と取り組む事業の性格が真逆になっていますから、いくら取り組んでも成果は得られません。それどころか、商店街の現状は、現状維持出来ない、存続が危うい、ということですから、現状維持を目的とする販売促進事業が効果を発現できるはずもなく、結果、施策のミスマッチは商店街の空洞化、商業集積性の劣化に拍車を掛けることになります。

どうしてこのような状況に陥っているのか?
理由はいくつか重なっていますが、この状況から脱却できない理由は分かっています。
商店街活性化とは商店街がどうなることか、きちんと定義しないまま、商店街全盛時代の商店街間競争の戦術をちょっとだけg手直しして使っているからです。

ショッピングセンターを始め、チェーンストア群はコンセプトに基づいて業容を構築、ルーティーンで販売促進に取り組めば経営計画を達成でこいる、という仕組みを作って経営しています。
一方、商店街は収益システムが機能しなくjなっていますから、機能するシステムを構築することが優先課題です。これが商手無い活性化ですね。ところが実際の取組は商店街間競争の手段としての販促事業ですから、今商店街が直面している課題へ御取組には何の効果もありません。

 大店法以来、連綿として取り組まれてきた現状維持のための販促事業が集積間競争の激化、Eコマースの台頭という環境激変に効果を発揮できるわけがありません。
戦略課題にぴったり適合した事業を選択し直して再出発するチャンスですが、ものにすることが出来るかどうか、決断の時です。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ