FC2ブログ

消費増税対策


いよいよ一年後に迫った消費増税。ここに来て「延期」という声も聞かれ始めましたが、先を見通すことは出来ません。
延期間違いなし、と高をくくって徒な望みを持って何も手を打たなければ、増税の有無に関わらず商店街のお客は着実に減少していきます。
ここは「消費増税は必ず実施される」と考えて対策を講じることが必要です。

対策とは何か?
消費増税の施行で予想される顧客の消費購買行動の変化に「店づくり・売場づくり」で対応すること。
すなわち、売れる売場を作り、維持すること。

消費税アップで予想される二つの変化:
1.競争の変化
(1)主な競争相手
  ①ショッピングセンター、モール、PC等
②ビッグボックス SPA、DrgS, DS等
(2)ネット小売
  ①通 販
  ②中古流通 

2.消費購買行動の変化
  (1)生活の変化
   ①所得の伸び悩み
   ②情報ルートの多様化
   ③生活の編集
 (2)購買先の多様化
   ①購買目的の多様化
   ②目的別使い分け

3.消費増税の影響
(1)競争の激化
  ①業態内競争
  ②業態間競争
(2)競争のテーマ
  ①業容を維持した上での価格競争
  ②ネット通販への対応
  
4.地場小売業の課題
(1)基本方針:
  ①「店離れ・買い控え」の防止 
  ②競争に巻き込まれない、独自のポジション確立
(2)戦 略
 ①店づくりのいっそうの充実による既存顧客の支持・ス
トアロイヤリティの強化する。
(3)課題
 コンセプチュアライジングの推進

このようにあらためて整理してみますと、中小小売業商業の生きる道は、地域住民の生活課題の解決に親身になって
協働する「購買支援」を充実する以外に選択肢が無いことが理解されます。

購買支援:生活を作るために必要な材料を吟味し入手し、生活を作り上げる、 という生活プロセス全体を見つめて「購買行き先」としての売場の在り方(品揃え・提供方法・売場環境)を「購買―消費」というプロセス全体にマッチする在り方に転回していくことが求められています。
どう取り組むべきか?

我々がこれまで取り組んで来た:
キラリ輝く繁盛店づくり
お客に見える店づくり
商店街活性化を牽引する核店舗創出事業
〇〇商人塾
などで追求してきた店づくりのバージョンアップが求められています。

個店レベルの「売れる売場づくり」と
商業集積としての再構築「コミュニティモールの構築」
に商店街活性化を推進する「車の両輪」として取り組むこと。
これ以外に方法はありません。

消費増税は、「困った、どうしよう」という姿勢では対応を間違います。
このショックをプラスに転じる「逆転の発想」が必要です。

売れる売場づくりからコミュニティモールへ。
商店街活性化:商業集積としての再生に消費増税対策を組み込むことが成功の秘訣です。
この取り組に逡巡は許されません。
位置にも早い決断・着手が求められています。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ