FC2ブログ

商店街活性化の退嬰化

昨年退かれた、とある商店街振興組合の前理事長さんのお話。

今にして思えば、イベント来街客を自店のお客にするのは個店の仕事、みんなプロだから出来るはず、といって来たが、大型店にとられたお客を取り戻すには何が必要か、個店レベルで理解して手が打てるわけが無い。結局、商店街活性化の成否を打つ手が分からなくて困っている個店におっかぶせてきたのがこれまでの取組だったことは大いに反省しなければならない。
しかし、それにしても最近の商店街は執行部が若返ったのはいいが取り組んでいる事業はまったく進歩が無いというか、我々が取り組んでいたときよりも幼稚化しているように思われてならない、と。

具体的に何をさして言われたのか内容は聞きませんでしたが、相変わらず効果が上がらない販促イベント、バル、100円商店街、まちゼミといった効果の無い取組が全国に広がっていることは事実。効果の無い事業を延々と続けていることも事実ですね。

そういうことを指しての話だったのでしょうか。

集客イベントでは商店街を活性化することは出来ない、というのはひと頃は盛んに言われてところですが、いつの間にか、集客イベント、通行量増大を目的にした事業が多くなっているようです。

商店街活性化とは商店街がどうなることか?

基本中の基本が共有されていない取組では、取り組むこと自体が自己目的化しています。

本来、事業の目的は事業の外に事業に潜行して存在し、事業の成果は事業終了後に事業の外に現れるのが普通何ですが・・・。
商店街活性化、年齢は無関係、商店街活性化を定義し、実現のシナリオを持っていなければ、商店街を活性化することは出来ない。「商店街活性化」という帽子をかぶった、取り組むことだけに意義がある・似て非なる商店街活性化にお金と時間を浪費することになります。

消費増税まであと一年、浪費する余裕は無いはずですが・・・。

話は少し変わって。

中活法による中心市街地・商業街区の活性化。取組は街区を一個のショッピングモールに見立てて再構築する、というのが中活法のスキームでした。
 タウンマネジメントとは、「モールへの転換のマネジメントだったのですが、今となって関係者の中でそのことを知っている人はきわめて少なくなっているでしょうね。
知っている人もわざわざ口に出さなかったりで。

61h8kcglvHL._SL500_SX343_BO1,204,203,200_[1]
一個のショッピングモールに見立てた再構築はこの中に明記されています。廃止になったわけではありませんが、近年は中心市街地活性化基本計画の作成に参考にしている都市も無くなっているようで、これを目指さないと自分でこれに匹敵知る目標を設定しないと行けませんが・・・。
「モールに見立てた再構築」に替わる目標はまだどこからも提出されていません。国も目標数値やPDCAレベルに集中、最上位目的である商業集積としての再構築が目指すべき目標についてはほとんど沈黙状態です。

我々はこれに代わる目標は出てこないと思います。
出てきたとしてもこれ以外の目標で中心市街地の経済活力の向上=商業街区の活性化を実現することは出来ません。

ちなみに、我々が発表している「ショッピングモールプロジェクト」は、中心市街地活性化法のスキームのもと、ショッピングモール見立てで商業集積としての再構築を目指す取組として考えたものです。
モールに見立てた商店街活性化は、このレベルのプロジェクトとして計画しないと成功しません。
全国どこを見ても同じレベルの取組を持っている中心市街地活性化基本計画は作られていません。
商業集積としての再構築に取り組む目標が立てられていないこと、これが中心市街地が活性化出来ない根本原因です。

今ではすっかり退嬰化して、通行量増大や空き店舗減少などが自己目的化して、商業集積としての再構築という根本目的は自然消滅、もはや誰も口にしませんね。それで活性化出来れば問題は無いのですが。
通行量を増えれば、空き店舗が減れば、既存個店群の業績はどうなるというのか、効果の発現無し、と総務省が評価しています。

ということで、中心市街地活性化も幼稚化していますね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ