FC2ブログ

商店街活性化の盲点を解消する

活性化に取り組む商店街の課題は得意客を増やすこと。
人は、個別具体の売り場を体験・評価・支持しなければ得意客になることはありませんが、各個店は来街者に「お試し入店」を訴求する売場づくりが遅れています。来街者に売り場を体験してもらえず、目的である得意客の増加は実現できません。
これが商店街活性化の盲点、取組が目標を達成出来ない最大の原因です。商店街活性化は、まず「お試し入店」を誘う個店売場の「見える化」から。
取組の順序を間違えると出来ることも出来なくなる。
これが商店街活性化の専門家としての当社の一貫した提案です。

モールの売場と商店街の売場はどこが違うでしょうか?
「お試し入店」を誘う店頭からの売場の見せ方が違いますね。店頭において売場で体験できることを推測・判断するために必要な情報を提供する、「見える売場」を実現することこと。品揃え、接客以前の問題です。品揃えや接客に自信があっても、売場を見てみたい、という気持ちを誘発する見せ方が出来ていなければお客に伝わりません。

商店街では、街に人を呼ぶのは組合の仕事、集まった人をお客にするのは個店の仕事、と言われます。お客を作るには売場を体験してもらわなければなりませんが、売場にはその準備が出来ておらず、たぶん、どう準備すれば良いかも分からない。分かっていれば(難しいことではないので)実行されているはずですからね。
したがって、せっかくイベントなどで人を集めても集まった人をお客に転化することが出来ない。
商店街積年の問題の解決は、個店売場の見える化に取り組むこと。
個店売場の、入店訴求・売場の見える化は、組合が取り組まなければ実現できない目標です。

今現在、個店の店頭に入店を訴求するノボリ、看板、ポスター、チラシなどが無秩序に設置されていて売場を見えなくしています(モールの売場との根本的な違いですね)。ノボリやポスターで人目を引けば来店者が増える、というのは大昔の商店街限りの話。
これらはすべて直ちに撤去すべき「商売繁盛の敵」ですが、経験被拘束状態に陥っている個店単独では恐ろしくて実行することが難しい。
なぜ撤去すべきかきちんと勉強して経験を戦わ無ければならない。

この問題は個店に任せていて解決できる問題ではありません(出来る人は既にやっているはず)。組合が最優先で取り組み、成功するまでは他の施策の成果の蓄積が出来ないというきわめて重要な課題です。

各種の活性化事業の成果=得意客の増大―が実現しないのは、得意客実現のキモである「売場体験」を実現できないから。
そうと分かれば一日も早く個店売場の「見える化」に取り組まなければならない、と決意出来ましたか?

決意出来たら次は当社との協働を実現する方法を考えること。
見える化から増収増益(得意客の増大)まで一直線で実現する論理と技術を提供できるのは当社だけ、協働実現の方法案出も協働で、と言うのがお奨めです。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ