FC2ブログ

行政は商業の基礎知識を装備すべき


商店街―中心市街地(都市中心部の修行街区のこと)活性化とは、このままでは存続できなくなる可能性が高い商店街に非通用施策を講じてその持続可能性を再構築することですが、周知のとおり、全国全都市が取り組んでいるにもかかわらず、〈成功事例〉が出てきませんね。大店法(1973年)まで遡れば45年間も取り組んでいるのに、ほとんどノウハウらしいものが作られていない。おおむねすべての活性化事業が当時取り組まれていた事業の類似品、進歩発展が無いですね。

なぜそうなのか?
これはハッキリしています。商店街活性化に関係する商業者、行政、まちづくり会社などの担当者が必須要件である商業に関する基礎的な知識を持っていないから。しかもそのことに誰も気づいていない、ということです。
もし商業理論が必要であることに気づき、それを持っていないことに気づけば、それを確保するための事業が計画の中に織り込まれてことでしょう。
活性化を実現するには商業に関する基礎的な知識が不可欠だ、分かれば、持っていないことは明白ですから修得するための取組を計画しなければならない。活性化計画の冒頭には〈理論修得のための事業〉が特筆大書されているはずですが、実際はそうはなっていないということは、活性化には理論が必要だ、という認識が無かった、今に至るまでただの一度も気づかなかった、十いうことですね。

この間、商業に関する知識経験に基づくアドバイスを期待して招聘した学識経験者さんたちは知識を持っているどうか分かりませんが、少なくとも、このような状況に対して〈商業理論を修得せよ〉という指導助言をする人はいませんでしたね。
今からでも遅くは無い、商店街を活性化しようと思うなら商業理論を修得することは接待条件です。
これは、商店街―中心市街地活性化に関係するすべての団体・組織、個人に共通するk大ですが、中でももっとも責任があるのは、『中活法』第五条で中心市街地の活性化は〈地王公共団体の責務〉と明記されている地方公共団体でしょう。

  中心市街地―商店街活性化を責務とする行政が、商業に関する基礎的な知識を持っていない、というのは重大な過失でしょう。理論を持っていないといつまで経っても堂々巡りt類似した対症療法を繰り返すことになるわけです。
担当者が異動するたびに一かた出直し、他都市の『成功事例』を模倣する、という不毛な繰り返しが許される状況ではありません。
一年後には消費税アップが迫っており、適切に対応しない商店街では廃業の雪崩が起きるかも知れません。

あらためて商店街が地域の経済循環において果たしている役割を確認し、商店街御商業集積としての再構築を目指すなら、『商業理論』の確保は喫緊の課題です。

基礎的な知識といっても初歩的な知識という意味ではありません。広域において商業集積間競争が熾烈に展開されている中で商店街があらためて商業集積としてのポジションを再構築していくために必要な知識であり技術です。
残念ながら、界隈に支援に来ている学識経験者さん達は商店街活性化の推進に必要なレベルの理論を持っていないことがこれまでの立ち居振る舞いでハッキリしています。

商店街活性化の取り組む行政は、商業の基礎理論を確保しなければならない。市販されていませんが、Google経由でなんとかなるのではないでしょうか。

頑張ってください。

それからプラニングの知識・技術、プラニングリテラシーも必要ですよ、これもシンクタンクなどは持っていないのでネット経由で

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ