FC2ブログ

商店街活性化40年目の大転換

大店法、商振法が制定されて40数年が経ちました。この間、商店街活性化の取り組みは、ほぼほぼ、目に見える問題に目に見える形で取り組んで来ました。

通行量減少・・・賑わい創出事業
空き店舗増加・・新規出店支援事業
販促事業不振・・集客イベント事業・三種の神器

それぞれ、活性化の効果を発揮することが期待されて取り組まれてきましたが、一向に成果が得られません。依然として問題は目に見える形で続いています。

しかし考えて見ますと、「見える問題」は実は目に見えないレベルで起きている問題の「結果」かも知れません。

通行量減少→商店街愛顧客の減少
空き店舗の増加→新規出店希望者がいない→立地に魅力が無い
販促事業の不振→入りたい店・売り場が少ない

見える問題の見えない原因を考えると、見える問題への取り組みをどんなに工夫しても本当の問題の解決にはつながらないことが分かります。見える問題への対応では、本当の問題はもちろんのこと、表見的な問題さえ解決出来ません。全国の商店街取り組みのの結果として周知のとおりです。
これが数十年にわたって取り組んで来た活性化事業が成果を得られない原因だと思いますが、如何でしょうか?

商店街を空洞化している見えない問題とは何か?

それは商店街に立地している個店の売り場が陳腐化していること。もちろん、現在の売り場を支持してくれているお客さんもいますが、商店街が今後も持続していくための再投資の必要などを考えるともっとたくさんのお客さんに支持してもらわないと持続することが難しくなります。

どうすべきか?

これはもう、買い物行き先としての在り方をもっと充実させる以外に方法はありません。それも郊外・広域に立地するショッピングモールをはじめとするチェーン店と比較して、商店街の店の方が好き、と評価される売り場を作らなければならない。
商店街を活性化したい、と考えたら、真っ先に取り組まなければならない問題は.各個店が「お客さんに支持される売り場」に転換していくこと、です。この問題に取り組まない限り、シャッターの外側でどんな事業に取り組んでもお客が増えることはありません。
40年間の取り組みの教訓です。

教訓を踏まえて我々が推進しているのが、「売れる売り場づくり・キラリ輝く繁盛店づくり」です。
新規投資無し、業種業態・立地・店舗面積・商品構成などすべて現状のまま、売り場のレイアウトを変えることで6ヶ月間の取り組みで前年対比収益2割アップを実現します。

この取り組みに商店街ぐるみで取り組み、商店街を新しいショッピングゾーンに転換していく取り組みが「コミュニティモールプロジェクト」です。

今年度少なくとも三つの都市の中心市街地で取り組まれます。
秋には成果見学会も開催の予定です。

商店街活性化の新しい挑戦、是非注目してください。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ