商店街活性化の合い言葉



商店街活性化とは商店街がどうなることか?
定義もしていないのに、
通行量増大
空き店舗減少
賑わい創出(イベント)
などに取り組めば商店街は活性化する、となぜ言えるんでしょうね。不思議ですね。そう思いませんか?

術語。専門用語の定義にはうるさいはずの大学の先生方も、こと商店街活性化の話になると、一切定義無し。

中心市街地活性化法では、タウンマネジメントについて、商店街等を一個のショッピングモールに見立てて再構築する、としています(TMOマニュアル)。法改正後もタウンマネジメントの定義は変わっていません。また、商店街が持続するには集積間競争の中で勝ち残っていくことが必要です。
すなわち、商店街活性化=商業集積としての再構築、でないと意味がありません。「活性化」と冠をかぶせて取り組まれる事業は、「集積としての再構築」と密接につながっているものでないと、個店の業績向上という成果を挙げることは出来ないと思います。

商店街の合い言葉:商店街活性化とは商店街を商業集積として再構築することである。
是非共有して下さい。

そのためには何をなすべきか?
個店売場の在り方、空き店舗の活用法、イベントの仕掛け方等々、「商業集積としての再構築」という上位目的がハッキリしていると、どういう取り組みにするべきか、また単独一過性の取り組みでは無く、他の取り組みとの相互作用、相乗効果も考えながら企画、取り組むことになります。

皆さんの商店街、「商店街活性化」をきちんと定義し、共有していますか?
活性化に取り組めば、取り組んだ個店は必ず業績アップにつながる、と自信を持って事業に取り組めるようになること、そのためには「商業集積としての再構築」とは何がどうなることか、あらためて勉強が必要です。
勉強抜きで商店街活性化は出来ませんからね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ