FC2ブログ

売り場の内部編制と商業理論

 毎度申し上げているとおり、営利事業としての小売業の売り場(店舗)は、標的とする消費購買行動を基準に

品揃え、提供方法、環境

の三大要素を組み合わせて作られています。
標的顧客相から見て最適の組み合わせを実現することが小売業の仕事です。
リアル/バーチャル、業種/業態、立地や規模、繁盛の有無を問わず、すべての小売業は三大要素の組み合わせです。
三大要素を備えていない小売業は成り立ちません。

三大要素はどう組み合わせているか?
内部編制を分析すると業種業態、企業、店舗の現状を評価することが出来ます。将来を予測することも出来ます。

売り場の内部編制論、これなくして商店街全体の増収増益を実現することは出来ません。現在の収益状況に不満な・繁盛したい個店、空洞化から脱却したい商店街は、内部編制を改革改善しなければならない。

そのとき、不可欠なのが商業理論ですが、この作業に使える内容を持った理論は商学の学会などから提供されていません。
商店街活性化が難しいのは現実の競争相手が手強いからだけでは無く、活性化実現の方向と方法を考えるために必要な基礎理論が提供されていない、ということも影響しています。

通行量増大では増収増益は実現できないよ、と批判して対案を提供してくれる学識経験者がいないのですから。

通行量に限ったことではありません。
理論がなければ実践は「仮説―試行」する以外にありませんが、そこでものを言うのが先行事例。自他を問わず成功した事例があればそれに追随するのが合理的。

問題は、成功事例は本当に成功しているのか、成功事例が解決に成功した問題は、今現在自分が直面している問題の解決成功事例と見なすことが出来るがどうかということ。

もし追随できる成功事例が無い場合は、前人未踏の「仮説―試行」に挑戦しなければならない。
そのとき頼りになるのは理論の力ですが、小売商業、商店街の仮説―試行を導けるレベルの理論が提供されていない、というのが商学の水準なので、自分たちでなんとかしなければならない。すなわち商業理論の構築に参加或いはその企てを応援しなければならない。

とんでも無い状況ですね

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ