FC2ブログ

商業理論と商店街活性化

商学=商業について体系的に理解し、研究する学問では、小売業がその機能を果たすために不可欠である、顧客と相対する場所=「店舗」についての研究がほとんど行われていません。
売買接点というレベルで見れば、ネットの店舗もリアルの店舗も「それを備えていないと売買接点としての役割を果たすことが出来ない=営利事業として成立しない」いくつかの機能があります。さらにリアル・実店舗には業種業態、立地や規模を問わず、共通する機能があります。
この考え方・商業を理解する方法は、小売業の実務からは出てこない、商学、商業学がその任務として解明したなければならない問題ですが、まが解明されていません。

大店法時代、量販店の出店調整では商学、経済学の研究者が多く招聘され、対応策を講じることに貢献することが期待されました。対応策を考えるには、売買接点としての量販店の事業機会、業容.特徴を明らかにすることが第一の仕事ですが、これは地元商業者の手に負えることではません。
学識経験者に期待されましたが、ほとんど期待に応えることは出来ませんでした。売買接点=売り場を説明する理論が無かったからです。

以来、今日まで商学方面から売買接点についての理論的な解明は行われていません。「商業集積間競争」が言われますが、その内容の説明は誰もしていません。
商店街活性化と言えば、集積間競争のさなかで持続可能な章牛集積として再生するには何をなすべきか、という課題に適切な解を作り、実行することが必要ですが、実践の方向と方法は提案されていないまま。

商業理論が不備なため、商店街活性化の方向を方法が分からない、これが商店街・中心市街地活性化が迷走している原因、どうすれば頑丈から脱却出来るのか?
全国の商店街が直面している課題ですが、この課題を理解している関係者はきわめて少ない。
これも理論が整備されていないことが原因で起きていることです。

商学だけでは無く、経済学、経営学、都市計画など関係方面でもこの問題を提起する人はいませんね。
商業者、商店街としては座して提起されるのを待つ、というわけには行きませんから、立ち上がらなければならない。

「運動としての商店街活性化」が必要になっています。
その立ち上げについては、稿ををあらためて論じます。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ