FC2ブログ

通行量は疑似問題?

活性化の目標に「通行量の増大」が掲げられるが、その前に
「通行量はなぜ減っているのか?」考えて見るべき。
なぜ減ったのか? 
来街客が減ったから。
なぜ減ったのか? 
他に買い物行き先が増え、そちらの方が自分に合っている、と思う人が多くなったから。

つまり、後発の商業施設と比較して「商店街は買い物行き先として使わない」とする住民が多くなり、その結果として通行量(顧客)が減少している。通行量減少は、問題そのものでは無く「問題が起こった結果」だから、通行量減少を問題と捉え、増加を目指しても客数減、減収減益という商店街立地共有の問題は解決しない。

それどころか、単純に「通行量」を増やそうとしても増やすことが出来ない、というのが「活性化=通行量増加」路線が辿り着いているところ。
「空店舗」も問題では無くその結果だから,単純に出店者を募って埋めても持続出来ないケースが多い。

「商店街活性化」が取り組むべき問題は、通行量増加でも空店舗減少でも無い。
「もの余り・店あまり」という時代背景において、多種多様なチェーン店に占拠されている商圏で「買い物の場」として存続するにはどのような「買い物の場」として再構築すべきか、という問題。

商店街実態調査(アンケート)では、問題として「通行量(来街客)の減少」、「空店舗の固定化」が挙げられる。これらは問題の眼に見える側面、氷山の一角、可視部分であって問題の全体では無い。
問題は買い物行き先としての魅力が(比較対象と比べて)劣っているということ。ここを外すと解決策が間違ってしまう。

立地する各個店は、それぞれその力量の及ぶ限りで努力しているが、後発の諸施設と対抗してお客を維持・創出していくノウハウを持っていない。これまでノウハウを取得する機会は無かったし、個々にノウハウを作って行くことは不可能に近い。
これは商店街組織が自分の課題として取り組む以外に方法が無い。
商店街活性化とは、商店街ぐるみでお客を維持・創出していくこと。
必要な課題を設定し取り組んで行くこと。

問題は,お客に買い物行き先として使ってもらえる、信頼される売り場を作って行くこと。
まずは既存の個店群が増収増益を目指して売り場の改革改善に取り組む方向と方法を決定し、必要な取り組みを構築すること。
これが商店街を商業集積として維持するために取り組まなければならない問題。

個店売場の改革改善なくして商店涯の活性化無し、
商店街の商業集積としての命運は立地する個店群の浮沈、顧客の支持如何に掛かっており、それはとりもなおさず、売り場の出来具合によって決まること。商店街を活性化したいなら、陳腐化している個々の売り場を何とかせよ。←これが取り組むべき問題。

個店と商店街の課題:
〇個店は増収増益・顧客の維持・増大・売れる売り場づくりが課題だが,\知識と技術を修得する方法がみあたらない。
〇商店街は商業集積としての顧客吸引力を強化しなければならない。「業種揃え・店揃えの最適化」の実現には、既存個店の売り場運営能力の向上が課題。

と言うことで、商店街活性化究極の課題は、通りに「売れる売り場を並べること」であり、そのためには、まず既存個店群の相対的に陳腐化している売り場を「売れる売り場」に転化していくことが必要。
個店の繁盛実現と商店街の商業集積としての再構築はコインの両面。

「売り場の問題」をスルーして、通行量増大策=集客イベント、マンション建設、非物販集客施設の設置等に取り組んでも、街区内を回遊する目的は提供されないので商店街の通行量(回遊客数)は増えない。
空店舗にテナントを誘致しても既存個店群と相乗効果を発揮出来ず、経営維持は難しい。

商店街活性化は、商店街を買い物行き先として選択する顧客を増やし維持すること。「もの余り・店余り」という状況で取り組み、成功するには問題を的確に設定し、最適の解決策を考え実行しなければならない。
通行量や空店舗は実は本当に解決すべき問題では無い、「疑似問題」ではないでしょうか。

商店街活性化、実現への第一歩は売れる売り場づくり。
テーマは「品揃え」でも「おもてなし」でもなく「お客に見える売り場づくり」。
その趣旨はブログ内検索でどうぞ。
なお、異論反論質問等コメントいただくと有り難いです。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ