FC2ブログ

商店街活性化ダメダメ三点セット

理論を持たない商店街活性化は、先行事例の見よう見まねですが、先行事例の始まりは、商店街に対するアンケート調査の結果だったりするわけで、空き店舗活用事業のスタートは、空店舗が埋まらずに困っている、空店舗さえ埋まれば活性化出来るのだが、という商店街の要望に応えて創られた補助制度、成功事例というのは補助金を利用して空店舗を活用しようとした事例。空店舗を埋めたら街が活性化したかと言えば、もちろん、そんなことは無いですね。

商店街活性化の三大事業といえば:
1.通行量を増やす
2.空き店舗を減らす
3.販売促進イベント
と決まっていますが、事業に取り組んだ結果、事業終了後に
通行量が増えた
空店舗が減った
増収増益が実現した
ということはありません。

さらに、個店が取り組む三大集客事業
1.まちゼミ
2.100円商店街
3.一店逸品
の三点セットも、事業に取り組んだ結果、
プロパーの商品が売れた
新規のお客が増えた
増収増益が実現した
という話は一切ありません。

今さら言うまでも無く、取り組んでいる人はみんな知っていることですが、それなのにどうしてこりもせずに続けられ、後続商店街が現れるのか?
謎ですね。

商店街に問題を解決する=
1.問題を発見し定義する
2.解決策を考える
3.実行する
4.結果を評価する
という仕事の方法がありません。
この方法では、「問題を定義する―解決策を考える」という作業に「商業理論」が必要ですが、商店街は理論を持っていませんから、目に映ったものが即・解決すべき問題になる。
通行量、空店舗、客数減等々。
解決策も単純に、
通行量→増やす、空店舗→減らす、客数→集める(販促)
という様に打てば響くというか、いきなりと組んでは失敗する、ということの繰り返し。しかし,通行量が減っているのは事実で有り、増やそうとするのは当然のこと、失敗したら別の手を考えよう、と言うことで、「通行量を増やす」という課題を疑うことは無いですね。
空店舗もそうですし、客数も同じです。

なぜ通行量は減ったのか?
なぜ空店舗は埋まらないのか?
なぜ客数は減ったのか?
問題を突き詰めて考える前に、解決策をだしてしまう。
大店法の当時から全く変わらない、「思考プロセス」を省略した問題解決法。

本当の問題はどこで起きているか?
「ショッピングの場」である個店の売り場の業容(品揃え・提供方法・環境)は,今どきのショッピングに慣れている都市住民に「ショッピング行き先」として評価・支持してもらえる内容を維持しているか?
問題は、個々の売り場で起きており、その結果としての客数減、通行量減、空店舗増であることを理解すれば、「対象療法」で済むという考えは出てこなかったはずですが・・・。

個店の売り場、その集合としての商店街の「ショッピングの場」としてのあり方が原因で様々な問題が起きているのだ、ということを理解すれば、通行量や空き店舗、集客イベントなどに集中することは無かったと思いますが・・。

指導支援に当たる専門家、学識経験者さん達もまったく指摘せず、中心市街地活性化基本計画にも一言も書いてない。
いつまで経っても自分たちの店を「お客に支持される・売れる売り場」に変えて行く取り組みが始まらないのはそのためですね。

対象療法的三点セット:
商店街=通行量・空店舗・集客イベント
個 店=まちゼミ・100円商店街・一店逸品
は、どんなに上手に取り組んでも「ショッピングの場」としての個店売場、その集積としての商店街の機能を充実させることは出来ません。
いくら取り組んでもお客が増えないのはそのためです。

商店街・個店の取り組み三点セットは、やってはいけない取り組み、直面している問題を解決出来ない取り組みです。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ