FC2ブログ

定義の無い商店街活性化

商店街活性化とは商店街がどうなることを目指すのか、誰も定義していない、という状況が続いていますが、その弊害はあちこちに出ています。

一つは言うまでもなく、活性化が目指すところが共有されていないため、目標や事業が根拠も無く設定され、取り組めていること。もちろん、こういう取り組みで厳しい集積間競争の結果として現出している商店街の衰退趨勢が改善されることはありません。

 他にも、活性化というコトバは陳腐化したから、という変な理由で「まちづくり」をはじめ、「賑わい創出」や「エリアイノベーション」等々、定義の無い言い換えが行われています。
いずれも目的・目標が定められていない、「何でもあり」という有様になっています。中心市街地活性化の目標未達も核心的課題である「商店街の活性化」が定義されないまま、bw供膳とした「通行量の増大」などを目標にした結果起きていることだと思います。

 商店街活性化とは、商店街を商業集積として持続可能にすること。他に定義はありません。商業集積としてのあり方を実現しない限り、商店街を中小個店の売り場が集積する商店街として存続させることは出来無いのです。
これは、活性化をどう定義しても必ず帰結するところです。

 商業集積として持続する、という目標を達成するために何が必要か?
真っ先に出てくることは、商店街の現状把握することですね。
商店街の現状と言えば、通行量の減少と空き店舗の増加がすぐ指摘されますが、「個店群の現状」という問題も無視するわけにはいきません。特に、その環境対応能力の評価は、活性化施策を考えていく上でとても重要です。能力で取り組めない施策を考えても無駄ですからね。

第二に検討すべき課題は、広域圏における競争の実態です、多種多様な商業施設がしのぎを削っていますが、その競争の実態はどうなっているか?
商店街がその特徴を活かすことで優位に立てるポジションがあるだろうか?
この問いから直ちに次の問題が生じます。

第三、地域住民の生活はどうなっているか、その消費購買行動と商業施設との関係はどうなっているか、ということ。
現在の商業施設では満足できない消費購買ニーズがあるのかどうか。

これらの課題を検討した後で初めて商店街が新しく実現すべき商業集積としてのあり方が見えてきます。
あるべき姿を描き、実現していくのが商店街活性化です。

通行量が減っているから増やそう
空店舗が増えているから減らそう
魅力ある売り場が少ないから誘致しよう
等々、これまでの商店街活性化はシャッターの内側については「個店の仕事」とカッコに入れておき、シャッターの外側・取り組みやすい事業にだけ取り組んで来た結果が現在の商店街の状況。

ここからは,「商店街活性化への道」商店街・個店の現状ありのままから出発して、街ぐるみで増収増益を実現するシナリオを獲得、実現に向けて集中しなければならない。

我々が提案している「コミュニティモールプロジェクト」,今現在、活性化実現のシナリオとして提案されている唯一のレシピだということをあらためて確認してください。これから先、この提案に肩を並べうる可能性を持ったシナリオが提供されることは期待出来ないと思います。
誰も考えていませんからね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ